楽天アフィリエイトの報酬が楽天キャッシュで支払われます

シェアする

rakuten-edy

 従来は楽天アフィリエイトの報酬については、楽天スーパーポイントで支払われていました。しかし、平成22年1月からはこの報酬の支払われ方が変わります。

 まず、3000ポイント分までの報酬は従来通りに楽天スーパーポイントで支払われます。そして、3000ポイントを超える分が楽天キャッシュという仕組みで支払われるようになります。

 この3000ポイントを超える分の支払に関してはイーバンク銀行の口座が登録されていないと支払が行われなくなるそうです。忘れてしまいそうなので、指示に従い楽天の会員番号とイーバンク銀行口座の紐付けを行っておきました。

 私はすでにイーバンク銀行の口座を持っていましたので紐付けだけですみましたが、イーバンク銀行に口座を持っていない場合には口座の開設手続きから始めておかなければいけません。早めに手続きを開始することをお勧めします。

 この楽天キャッシュという言葉はあまり聞き慣れない言葉です。さっそく調べてみました。楽天のサービスに利用することが出来るオンライン電子マネーという位置づけなのだそうです。

 また、換金の手続きをすれば、イーバンク銀行にお金が振り込まれるという点が今までの楽天スーパーポイントとの大きな違いになります。

 さらに今までの楽天スーパーポイントは1回の買い物に3万ポイントまでしか使うことが出来ませんでしたが、楽天キャッシュでは1回の買い物で10万円分まで使用することができる点も見逃せません。楽天スーパーポイントでは1ヶ月間の利用条件が10万ポイントまでという制約もありましたが、楽天キャッシュであれば1ヶ月に100万円分まで使用することが出来るようになります。

 このように楽天アフィリエイトの利用者にとっては全般的に使い勝手が良くなると考えて良さそうです。


【追記】

 今日、イーバンク銀行から「メッセージがある」というメールが届きました。セキュリティのためでしょうか、メッセージの内容については、実際にサイトへ行ってログインをしないと判らない仕組みになっています。何か重要なメッセージだとすると、そのまま放置するのも危険だろうということで、サイトに行ってログインをして、そしてメッセージの内容を確認しました。

 すると、昨日申請をしておいた楽天idとのリンクが完了したというメッセージが届いていました。今度は楽天市場側でログインをして登録情報を確認すると、きちんと口座情報としてイーバンク銀行が登録されています。これで、楽天アフィリエイトの3000ポイントを超える分を来年からは楽天キャッシュで受け取る準備が整ったようです。今後の楽天アフィリエイトの動きに注目したいと思います。

【2009/11/20追記】

 またメールが届いたかと思うと、今度は1月以降も今までと同じように楽天スーパーポイントで報酬は支払いますというメールでした。

 私はイーバンク銀行に口座を持っていましたので楽天とイーバンク銀行の間でリンクを張っただけですが、このためにイーバンク銀行の口座から作った人は大変だったのではないかと思います。なぜ、支払い方法の見直しを取りやめたのか、送られてきたメールの中にその理由が一切書かれていないところも気になります。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

楽天アフィリエイトの報酬が楽天キャッシュで支払われます の情報

2009年09月03日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

シェアする

フォローする

コメント

  1. イーバンク銀行口座間の振り込みが有料化

    Photo by takako tominaga  イーバンク銀行では同じイーバ…

  2. 臨機応変? より:

    楽天アフィリエイトの成果がイーバンク銀行の口座へ

     楽天アフィリエイトの成果は今までは楽天スーパーポイントで支払が行われていましたが、4月分に発生した成果のうち、3000円を超える部分は楽天キャッシュで支…