上諏訪温泉の鷺の湯に行きました

シェアする

上諏訪温泉の鷺の湯

上諏訪温泉の片倉館にいったあと、同じく温泉博士の1月号についていた温泉手形を使うことができる、鷺の湯というホテルで日帰り温泉を楽しみました。こちらは、片倉館のすぐ隣にありますので、歩いてでも移動することができます。

ホテル鷺の湯

こちらは午後1時からの受付でしたの、片倉館のあとに諏訪湖のほとりを散策してから行きました。諏訪湖のほとりには、間欠泉センターというところがあり、勢いよく吹き上がる温泉を見ることができます。こちらは、12時30分という回がありましたので、これをみてから鷺の湯に向かいました。

鷺の湯は非常に立派なホテルで、和風のつくりになっています。玄関から中に入ると広いロビーがあり、そして受付があります。受付で手続きをしました。普通は1500円のところが、温泉手形を提示することで500円になりました。

鷺の湯のロビー

ロビーにある売店


建物の真ん中は中庭になっています。とても綺麗に整備されています。

ホテル鷺の湯の中庭

温泉は廊下をずっと歩いて行った先にあります。受付からお風呂場の入口が見えるところまで案内してくれました。

霊泉 さぎの湯

お風呂の入り口から入ると、カリンのジュースを飲むことが出来るようになっています。

完熟花梨エキス

その先で男湯と女湯に別れます。

お風呂の入り口

【送料無料】首都圏からの日帰り温泉(’12)

【送料無料】首都圏からの日帰り温泉(’12)
価格:900円(税込、送料別)

脱衣所の入口には無料の貴重品ロッカーがありました。日帰りりようきゃくのこともきちんと考えてくれているところに好感が持てます。

貴重品用のロッカー

お風呂は内湯に大きな温泉の浴槽が一つ、そして露天風呂のエリアには大きめの温泉浴槽と円形の源泉掛け流し浴槽があります。温泉の色は茶褐色でした。片倉館の隣であるにもかかわらず、かなりお湯の雰囲気は異なります。こちらの源泉は同じ鷺の湯の敷地内にあるそうですので、片倉館とは源泉が違うのでしょう。

やはり源泉掛け流しの浴槽が一番、温泉を強く感じますが、それでも特にヌルヌル感はありませんでした。ただ、お湯が出て来るところを見ると、温泉の成分が析出していて、小さな小さな鍾乳洞のような感じになっています。温泉の成分は濃いようです。泉質は「ナトリウム・カルシウム 一炭酸水素塩泉」と表示されていました。

【公式】上諏訪温泉・諏訪湖の旅館【ホテル鷺乃湯】琥珀色の自家源泉を持つ宿
上諏訪温泉、諏訪湖のほとりにある旅館、鷺乃湯は百余年の歴史が香る浪漫の宿。掛け流し、露天風呂付客室等の宿泊プランとセットでご利用頂ける信州・上諏訪温泉ホテル鷺乃湯公式サイトです。…

上諏訪温泉の鷺の湯に行きました の情報

2012年02月23日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り3−2−14
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク