冬真っ直中、宝川温泉まで行きました

シェアする

冬の宝川温泉

楽天トラベルのデイユースプランの中から今回は群馬県の水上から更に奥地へと分け入ったところにある宝川温泉というところに行ってきました。

練馬インターチェンジから関越自動車道で水上インターチェンジまで行き、ここから一般道を走ります。国道は道の真ん中や両脇から水が出ていて、道の上に雪が積もらないようになっていました。ただ、場所によっては、かなり勢いよく水がでていて、フロントガラスにまで届くことがあります。


雪道を走ると車が汚れますが、少しはこの水でっかきれいになったかもしれません。国道から県道に曲がってしばらくは、道路の上に雪はなくて、非常に快適に走ることができたのですが、残り10キロになったあたりからが、雪との戦いになりました。しかも、そのまま走っていると、急に坂道でクルマの大行列に遭遇しました。15分ほど、とまったまま、ピクリとも動きません。

その後、動き出したのでソロソロと坂道を上っていくと、あちらこちらに、雪の上で滑ってしまって、走れなくなったクルマが止まっていました。できるだけ止まらないように進んでいったのですが、対向車が来た関係で止まらざるを得なくなり、止まったら最後、滑ってしまって動かなくなってしまいました。

前輪駆動(FF) の4輪スタッドレスタイヤ装着で大丈夫だろうと思っていたのですが、まだまだ甘かったようです。そこに到着したのが、「お助け隊」と書かれた軽トラに乗った人です。こちらのスキー場で結成してくれている人たちのようです。

アクセス | 宝台樹スキー場

前のクルマから順番に動くようにしてくれていました。どうやって助けるかというと、前輪の前に砂を大量にまいてくれるという方式です。これが不思議で砂があると滑らずに前に走ってくれました。

お助け隊の方々にお礼を言って、また坂道を上っていきます。できるだけ、ゆっくりと滑らないように走っていくと、やがて宝川温泉に着きました。

道なりに行くと、手前が日帰り客用の施設、そして奥が宿泊客用の施設になります。私たちは日帰りなので、手前にある建物のところにある駐車場にクルマを停めました。雪が徐々に強くなってきています。駐車場は除雪されているのですが、やはりシャーベット状になった雪が積もっていて、滑りそうな雰囲気です。

宝川温泉の日帰り客用の駐車場
日帰り温泉の受付を示す看板

こちらは宿泊のお客さんが泊まる汪泉閣に続く道です。

汪泉閣に続く道

駐車場には除雪用のショベルカーもありました。

除雪用のショベルカー

今回は午前11時から午後3時の4時間のコースにしました。自由に温泉に入ることができて、お昼ご飯と個室が使え、一人5000円となっています。

そして、外に面しているところに受付がありました。こちらで、楽天トラベルの予約表を提示して手続きをしました。お昼ご飯は何時に食べるかを聞かれたので、午後1時を指定しました。

その後、部屋に案内してくれます。こちらが入口です。

宝川温泉の日帰り客の入口

食事処と棟続きになっている建物の二階にある部屋へ案内してくれました。すぐに、暖房をつけてくれましたが、なかなか部屋が暖まらずに最初はとても寒かったです。部屋の中は、お茶の準備がされていました。部屋は6畳です。テレビもあります。地上デジタル放送が綺麗にうつっていました。他に、枕や座布団の準備がされていました。

宝川山荘の2階

宝川山荘の部屋

部屋の中にあったテレビ

部屋で少し休んだあと、さっそく露天風呂へと向かいました。エントリーが長くなってきたので、次のエントリーに続きます。

群馬の宝川温泉で雪見の露天風呂を楽しみました
楽天トラベルのデイユースプランを使って、群馬の宝川温泉に行ってきました。冬真っ盛りの12月30日に行きました。まわりは雪景色です。こ...

公式サイトはこちらです。

【公式サイト】宝川温泉 汪泉閣 /群馬県 水上温泉郷
天下一の露天風呂 宝川温泉 汪泉閣。群馬県 水上は奥利根の自然に包まれ、延べ面積470畳にも及ぶ混浴の露天風呂には天然温泉が掛け流しされております。
周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ: →

・【PR】ケータイより自分を充電しませんか【楽天トラベル】

冬真っ直中、宝川温泉まで行きました の情報

2012年02月25日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒379-1721
群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク