群馬の宝川温泉で雪見の露天風呂を楽しみました

シェアする

群馬の宝川温泉で雪見の露天風呂

楽天トラベルのデイユースプランを使って、群馬の宝川温泉に行ってきました。冬真っ盛りの12月30日に行きました。まわりは雪景色です。このプランでは温泉入浴、お昼ご飯、宝川山荘の個室4時間利用がついて、値段は大人1人5000円になっています。

まずは個室でくつろいだあと、お風呂へと出発です。


宝川山荘をまずは露天風呂の方へと通り抜けます。この空間、なんだか色々なものが置いてあって、なんだか不思議な空間になっています。

宝川山荘に展示してある民具

基本的には古民家から持ってきたような民具が多いのですが、何故か鉄道関係の品物もありました。
こちらが建物から出るところです。通路にあるホースは、通路に雪が積もらないようにするために水が流されています。

宝川山荘から露天風呂へと出るところ

さらに建物を出て川の方へとおりていきます。すると、熊がいるオリがありました。

宝川温泉の熊

昭和45年頃までは熊と一緒に露天風呂で混浴が出来たそうです。その後、規制されたために熊との混浴は無くなりました。

宝川温泉の熊との混浴

檻を過ぎると、宝川にかかる橋が見えてきます。

露天風呂へと続く道
白鷹橋

白鷹橋をわたると、汪泉閣に行くことが出来ます。こちらは宿泊客専用ですので、日帰り入浴のお客さんは入ることが出来ません。

汪泉閣

露天風呂に行く路には、このような建物の中を通るところもあります。

通路上にある建物

露天風呂が見えてきました。こちらは摩訶の湯です。

摩訶の湯

通路にはコインロッカーも置いてありました。

宝川温泉のコインロッカー

大露天風呂は全部で四種類あります。露天風呂はそれそれに脱衣所がありました。(摩訶と般若の脱衣所は兼用)

脱衣所は男性用と女性用で部屋が分かれています。

露天風呂の広さは4つをあわせて計470畳分もあるそうです。女性専用のお風呂と男女混浴のお風呂があります。女性は混浴のお風呂に入るとき二位はバスタオルを巻いて入ることが出来ます。

☆ 摩訶の湯 まかのゆ  混浴 120畳

こちらは大きな露天風呂で、宝川温泉を代表する露天風呂と言っても過言ではないと思います。広いながらも、お風呂のお湯の温度はほぼ一定に保たれていて、どこにいっても、ほぼ問題なく入ることができます。

数多くの雑誌やテレビで紹介されていますので、何となく見たことがあるような気がするので不思議です。こちらは昭和15年に完成しました。その後、平成16年にリニューアルが行われています。

こんなに大きい露天風呂なのに、源泉掛け流しになっています。かなり大量の温泉が注ぎ込まれていますが、こちらの温泉は湯量が豊富なのでしょう。

摩訶の湯へとおりる階段

摩訶の湯 温泉分析表

☆ 般若の湯 はんやのゆ  混浴 50畳

摩訶の湯から見ると、脱衣所の建物の裏側にあたる場所にあります。こちらは、全体的に浅めで、かつぬるめであるため、ほとんど入っている人がいませんでした。また、湯船の中に枯れ葉もたまっていたので、あまり手入れもされていないのかもしれません。

☆ 摩耶の湯 まやのゆ  女性専用 100畳

こちらは女性専用の露天風呂であるため、男性は中がどうなっているのか、伺い知ることはできません。聞いた話しに寄れば、露天風呂は仕切られていて、入ることができるエリアが限られていたそうです。湯船をひろく使ってしまうと、全体的に温度がぬるくなってしまうので、あえて入ることができる範囲を狭めているのでしょうか。摩耶の湯は昭和45年に新設されたようです。

摩耶の湯の建物
露天風呂の道案内

☆ 子宝の湯 こだからのゆ 混浴 200畳

こちらは、川の反対側にある、とてつもなく広い露天風呂です。200畳もあります。場所は、ちょうど、般若の湯の川を挟んで反対側という場所になります。子宝の湯は建物の下にあります。非常に広いがために、お湯の温度が下がることを防ぐため、木の枠で小さな範囲に制限されています。木の枠を乗り越えても大丈夫ですが、お湯の温度がかなりぬるくなります。私はぬるめのお湯にゆっくりとつかるのが好きなので、こちらで、かなりの時間、まったりとしていました。

子宝の湯の建物

☆ 内湯

次に内湯に行きました。内湯は男女別になっています。大きな浴槽が一つ、洗い場、シャンプー、リンス、ボディーシャンプーが完備されていました。シャワーもあります。露天風呂には洗い場はありませんので、こちらを使う形になります。温泉は無色透明です。かけ流しになっているようでした。

内湯への案内板

内湯へ続く道も民具がたくさん置いてあります。

たくさんの民具

内湯の入口

温泉はとても気持ちが良かったです。たっぷりと入ったので、身体がポカポカになりました。お風呂の次には、予約した1時が近づいてきたので、今度はお昼ご飯を食べに行きました。次のエントリーに続きます。

宝川温泉で山荘御膳を食べました

 群馬県の宝川温泉へ楽天トラベルのデイユースプランで予約をして行ってきました。こちらのプランには4時間の個室利…

www.painfo.net

こちらが宝川温泉の公式サイトです。

【公式サイト】宝川温泉 汪泉閣 /群馬県 水上温泉郷
天下一の露天風呂 宝川温泉 汪泉閣。群馬県 水上は奥利根の自然に包まれ、延べ面積470畳にも及ぶ混浴の露天風呂には天然温泉が掛け流しされております。
周辺の情報はこちらからどうぞ。


群馬の宝川温泉で雪見の露天風呂を楽しみました の情報

2012年02月26日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒379-1721
群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク