伊香保おもちゃと人形 自動車博物館は昭和レトロの不思議空間でした

シェアする

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館

JAF MATEの三月号に、伊香保おもちゃと人形自動車博物館のことが紹介されていました。三月末までは入場料も半額になるというので、この機会に行って見ることにしました。普段の入場料金は大人1050円となっていますので、このような大幅割引きが無いとなかなか行くことが出来ません。

この日は3月の土曜日でしたが駐車場は空いていました。建物の入口の前にある駐車スペースにも空きがあり、クルマを停めることが出来ました。


駐車場にクルマを停めて、館内へと向かいます。こちらでは、キッザニアのように子どもがお仕事体験をすることができるようになっていました。

こちらは博物館館長の待合い場所です。

博物館館長の待合い場所

こちらはブライダルの待合い場所です。

ブライダルの待合い場所

受付が終わって中に入ってみると、最初はとても色々な種類の人形が展示されているブースになりました。人形のことは詳しく無いのでよくわからなかったのですが、きっと貴重なものも多いのでしょう。展示ケースの中にしっかりとしまわれて展示されています。

キューピーなどなど

犬のぬいぐるみ

アメリカの人形

大きなぬいぐるみ

こちらもアメリカの人形

いくつかの人形の展示室をすぎたあとは、昭和レトロな雰囲気が漂う商店街になりました。吉岡町商店街と書かれています。

吉岡町商店街の入口

吉岡町商店街

ひな人形

紙芝居が上演されていたりもします。紙芝居の説明がたどたどしかったので、誰がやっているのか見てみると、子どもがセリフを読み上げていました。これもお仕事体験の一つになっているようです。

別の部屋ではスマートボールもありました。一回300円になっています。

スマートボール

今ではスマートボールができるところは相当限られているのではないかと思います。パチンコ台を横に寝かせたような台の上で、少し大きめのボールを転がして、うまく穴に入れると、ボールが増えていきます。

昔のスクーター

駄菓子屋では白黒テレビが映っていました。

駄菓子屋

また、別の部屋では射的もありました。こちらは、今でも温泉街などで時々見かけます。

さらに部屋を進んでいくと、自動車の展示室になりました。こちらは三階構成になっていて、本当にたくさんのクルマが展示されています。ホンダなどの企業博物館でヒストリカルカーが展示されていることはありますが、それ以外の博物館でこれだけの台数のクルマを集めるのはとても大変だったのではないかと思います。

スバル360

クルマの展示場

クルマを一通り見たあと、廊下を順路に従って歩いていくと、外に出られる様になっているところがありました。ザリガニ釣りを体験できる池や農業体験ができるスペースがあります。

順路には色々なところに展示に関連したお土産屋さんが巧みに配置されていて、売り上げアップに貢献しているようです。

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館
伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館,ファミリーワールドテーマパーク,子供から大人まで楽しめる群馬のアミューズメントパーク

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館は昭和レトロの不思議空間でした の情報

2012年04月21日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒370-3606
群馬県北群馬郡吉岡町大字上野田2145
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク