冬の藤野やまなみ温泉に行きました

シェアする

藤野やまなみ温泉

 温泉博士の2月号に付いていた温泉手形を使って、神奈川県相模原市にある藤野やまなみ温泉に行ってきました。相模原市というと、どちらかというと橋本の方面を想像するのですが、こちらは相模湖の先にあります。中央道の相模湖インターチェンジが最寄りです。

 こちらの温泉に行くのはこれが5度目になると思います。今回は開館時間にあわせて、温泉まで行ってみました。相模湖インターチェンジまで中央自動車道は非常に空いていました。やはり、大月ジャンクションと勝沼インターの間にある笹子トンネルが2車線での対面通行になっているので、中央道を避けているクルマが多いのだと思います。

 午前10時を少しまわった頃に現地に着きましたが、駐車場にはすでにたくさんのクルマが停まっていました。玄関から中に入るとすぐに下足用のロッカーがありますので、こちらで靴をしまいます。

藤野やまなみ温泉の下足用ロッカー

そのすぐ先には自動券売機があります。3時間で大人600円、1日だと大人900円です。
藤野やまなみ温泉の自動券売機

 受付で温泉博士を提示して、お風呂へと向かいます。1階のロビーには食事処があります。

藤野やまなみ温泉の食事処

 今回は男湯は向かって左側でした。森の湯と湖の湯の二種類があり、前者はスチームサウナ、後者はドライサウナになります。毎週木曜日に男湯と女湯で入れ替えているようです。

 今回はスチームサウナがついていたので、森の湯だったようです。内風呂には源泉掛け流しの浴槽とバイブラバスがあります。バイブラバスは源泉掛け流しと循環の併用です。やはり、温泉としては源泉掛け流しの浴槽が優れています。泉質は「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉」です。

 露天風呂にも源泉掛け流し・循環併用の岩風呂があります。朝一番でしたが、お風呂場は非常に混雑していました。地元の方が多いようです。特に源泉掛け流しの浴槽は大人気で、たくさんの人が入っていました。源泉掛け流しの浴槽は温度もぬるめなので、ゆっくりと入っていることが出来ます。

 こちらの温泉はあがったあとも身体がずっとポカポカなので、保温性に優れているようです。温泉に入ったあとは道志みちに出て、山中湖の方へ向かいました。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

冬の藤野やまなみ温泉に行きました の情報

2013年07月21日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク