天然温泉 極楽湯 横浜芹が谷店で日帰り温泉

シェアする

極楽湯の株主優待券が残っていたので、横浜芹が谷店に行ってみました。コストコ金沢シーサイド倉庫店に行った帰り道です。11月末で優待券の有効期限が切れてしまいますので、早めに使わなくてはいけません。

横浜芹が谷店は国道1号、平戸立体の近くにあります。少々分かりにくいところにありますが、随所に極楽湯の看板があったのでなんとかたどり着きました。

今回でこちらの店舗に来るのは二回目になると思います。前回の訪問からは数年経っているはずです。


土日祝日は朝7時から朝風呂早朝営業をしています。食堂も早めにオープンして朝食を販売しています。



入口の横には黒湯の温泉に触ることができるようになっていました。



黒湯の炭酸泉を始めたようです。前回来た時にはありませんでした。

こちらの温泉は黒湯です。泉質はナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉(低張性、弱アルカリ性、高温泉)です。この温泉がひかれている浴槽は、露天岩風呂、檜ぶろ、寝湯、あつ湯、壺風呂、自然の湯、高濃度炭酸泉です。

ほとんど透明度がありませんので、お風呂に入るときは段差などに注意が必要です。

サウナは非常に大きいことと、露天風呂方向が大きなガラス窓になっていますので開放感があります。一番下の段が温度計で見ると70度でしたので、主に一番下の段で汗をじっくりとかくようにしました。テレビも設置されていますので、飽きることもありません。

高濃度炭酸泉もそれなりに浴槽は広いのですが、ほぼいっぱいの状況が続きました。私もトータルで30分ほどは高濃度炭酸泉に入っていたと思います。確かに 体の血行がよくなる効果を感じることができます。通常は白湯の中に炭酸の泡が満たされており肌に泡が付くのがわかりますが、黒湯の中は透明度がないのでど うなっているのがよく判りません。しかし、じっとしていると、肌を小さな泡が伝っていくのがわかる感じがします。黒湯の温泉そのものの効能も得ることができると思いますので、面白い試みだと思いました。

食事処や寝転ぶことができる座敷もありますので、休む場所に困ることもないと思います。今回は午後3時ごろから6時ごろにかけて施設を利用しました。午後5時過ぎから施設がとても混雑し始めました。サウナや各浴槽とも結構混雑していました。子ども連れの家族も多く、お風呂場は結構にぎやかでした。周辺の人は一日の汗を流しに夕方に来る人が多いのかもしれません。

周辺の情報はこちらからどうぞ。

天然温泉 極楽湯 横浜芹が谷店で日帰り温泉 の情報

2015年10月25日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒233-0006
神奈川県横浜市港南区芹が谷5−54−8
電話番号 045-820-4126
営業時間
定休日
HPアドレス 横浜芹が谷店|店舗のご案内|店舗数日本一の風呂屋|極楽湯

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク