井の頭公園にある松本訓導殉職の碑

シェアする


井の頭公園の西側にある御殿山から玉川上水に歩いていったところに小さく丘のように盛り上がっているところが二つあって、そのうち一つの丘の上には人の背丈よりも大きい碑が建っています。


この碑の傍らには東京都による案内板も建っています。

東京都の案内板には下記のように書かれています。

大正八年(1919)十一月二十日東京府麹町区(現在千代田区)永田町小学校全校児童は、井の頭公園に秋の遠足を行った。当時の井の頭公園は都心から離れた郊外で来園する人も少なかった。従ってこの遠足は文字通りの遠出で、児童達は大変期待していたものである。
到着後、喜びのあまり遊びに夢中になっていた一児童が足をすべらせて玉川上水の急流に落ちた。急を聞いた松本虎雄訓導は、わが身の危険もかえりみず上水に飛び込み児童を救おうとしたが、急流にのまれて殉職した。時に三十三才であった。
命を捧げて児童を救おうとした尊い行為は、人々に深い感銘を与えた。松本訓導の児童愛に燃えるこの勇敢な行為は、教師のかがみといえるものである。これを後世に顕彰するために、殉難のあったこの地に記念碑が建てられたのである。

1919年というと、今から100年近く前ということになります。井の頭公園自体がもともとは皇室の御料地で御殿山や井の頭池周辺が大正2(1913)年東京市に下賜され、大正6(1917)年に日本初の郊外公園として一般公開されています。従って、事故はの頭公園が公開されてから2年後に発生したことになります。

今の玉川上水は、あまり水が流れていませんので、ここで溺れることはあまり想像できないのですが、この時期は相当たくさんの水が流れていたのだそうです。

今も羽村の取水堰からは相当量の水が取り込まれていますので、このほとんどがここまで流れてきていたのだとすると、相当な流れだったのでしょう。

太宰治もここよりも三鷹駅側のところで身を投げて、ここよりも下流で見つかっています。これが1948年のことです。

1965年に新宿の淀橋浄水場が廃止されるまでは、多くの水を送り続けていたのでしょう。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

井の頭公園にある松本訓導殉職の碑 の情報

2016年04月28日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

シェアする

フォローする