鎌倉から長谷を通って極楽寺駅まで

シェアする

鎌倉駅から長谷駅を通って、ドラマの舞台にもなった古民家カフェなどを見ながら極楽寺駅まで散策しました。

鎌倉駅の江の電乗り場がある方から市役所の前などを通りまっすぐに長谷の方へと歩きます。地元の人も観光客もかなり多くの人がこの道は歩いていました。道路の方は長谷に近づくにつれて混雑していきます。

こちらの「ひなや」というお店は良い雰囲気を醸し出していました。

とても歴史がありそうな牛乳屋さんもあります。看板の文字が右から左に向けて書かれています。

調べてみると、この柴崎商店は創業が明治22年ということでした。明治の宅配サービスをしているそうです。

長谷駅に続く道に曲がると、そこは観光客でごった返していました。歩道が狭いので、かなり危ないところです。

注意しつつ通り抜け江の電の踏み切りを渡って海側に出ました。

まもなく、小泉今日子が主演していたドラマ「最後から二番目の恋」の舞台となったカフェがあるはずです。

iPhoneで地図を見ながら路地を歩いていきます。

クネクネと路地を曲がっていきます。

だんだん、それらしい雰囲気になってきました。先にはRという暖簾の出ている古民家カフェがありました。

この日は予約でいっぱいになっているそうです。

あの蔦が絡まっている古民家が目指すカフェのはずです。

坂の下カフェは満席の表示です。

とてもたくさんの人が順番を待っていました。「最後から二番目の恋」は2012年に放送されたドラマですが、ロケ地が今でもこれだけの人気があることには驚くばかりです。

この辺は古民家カフェがたくさんあります。

力餅家が見えてきました。小泉今日子のドラマにも登場していました。


続いて極楽寺駅に向かうために切り通しへ向かいます。

途中、大行列のパン屋がありました。

星の井というところがありました。

残念ながら井戸には蓋がかぶさっていますので、井戸の中を見ることができません。

極楽寺切り通しに向かいます。鎌倉は海方向を除く三方向を山で囲まれているので、いくつかの切り通しがあります。有名なものでは「極楽寺坂、大仏坂、化粧坂、亀ヶ谷坂、巨福呂坂、朝比奈、名越坂」の7つがあります。

この切り通しの中では化粧坂(けはいざか)切り通しを以前歩いたことがあります。

鶴岡八幡宮から化粧坂(けはいざか)切り通しを通って源頼朝像へ

鶴岡八幡宮から人混みを避けるために源氏山公園の銭洗弁天や源頼朝像へと向かいました。途中、化粧坂切り通しというと…

trip.painfo.net

極楽寺には来たことがあるのですが、切り通しを歩くのは今回が初めてです。

こちらが極楽寺切り通しです。

極楽寺切り通しを過ぎるとすぐに江の電の極楽寺駅になりました。

江の電の線路の上には橋があり、そこから線路をみるとトンネルがあります。

こちらのトンネルは極楽洞という名前がついています。全長は200メートル、煉瓦造りの坑門が特徴です。1906年に着工、翌1907年に竣工しました。

続いて、駅名にもなった極楽寺にも立ち寄りました。

こちらが極楽寺駅です。昔、1970年代だと思うのですが青春ドラマの舞台にもなっていました。あの頃と駅の雰囲気は何も変わっていないと思います。

鎌倉周辺の散策も含めて全部で1万歩ほど歩きました。良い運動にもなったと思います。

鎌倉から長谷を通って極楽寺駅まで の情報

2016年05月10日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒248-0021
神奈川県鎌倉市坂ノ下21-15
電話番号
営業時間 平日10:00~16:00 休日10:00~17:30
定休日 月曜日 火曜日
HPアドレス cafe坂の下

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク