株主優待券を使い極楽湯 横浜芹が谷店で日帰り温泉

シェアする


極楽湯の株主優待券が残っていましたので、三浦半島を敢行した帰り道で横浜芹が谷店に寄りました。こちらの店舗は家から遠いので、なかなか来る機会がありません。

着いたのは海の日の午後3時頃です。駐車場はかなり混雑していましたが、誘導する方の指示に従ってすぐに停めることができました。


館内もこの日は非常に混雑していました。最初にお風呂へと向かいました。

こちらは極楽湯としては標準的なお風呂の組み合わせで、内湯には温泉浴槽、電気風呂、マッサージ風呂、水風呂、サウナ、洗い場、掛け湯などがあります。

露天風呂は水素風呂、黒湯炭酸泉、寝湯などがあります。

どこの浴槽もかなり混雑していました。特に黒湯炭酸泉は露天風呂のエリアの一番奥の方にあるのですが、人がとても多いです。四角い浴槽なので、入っている人が足をのばすと、そんなに多くの人が入ることができません。

また、炭酸が逃げにくいように、38度程度とぬるめに設定されているので、長湯ができてしまいます。これにより、なかなか人がいれ変わらずに混雑してしまいます。

こちらの黒湯は入ると肌がヌルヌルとする感じがありますので、温泉としての効能はその名の通り肌で感じることができます。お湯の透明度がほとんどありませんので、炭酸ガスの威力がわかりにくいですが、肌の表面には炭酸ガスの泡がたくさんついているので、炭酸ガスの効果も期待できます。

水素風呂は今ひとつ、白湯のお風呂と何が違うのか実感することはできませんでした。

お風呂から上がったあとは休憩コーナーのベンチに座っていました。畳の座敷もあるのですが小さいです。

周りを見渡していると、宴会コースの案内がありました。


入館料、タオルセット、館内着、貸座敷、全8品の料理がセットで2980円ならばリーズナブルだと思います。

クラス会などを極楽湯で実施というのも面白いかもしれません。

周辺の情報はこちらからどうぞ。


スポンサーリンク

株主優待券を使い極楽湯 横浜芹が谷店で日帰り温泉 の情報

2016年08月06日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

シェアする

フォローする