アパホテル小松で宿泊

シェアする


ちょうど、お盆の時期に石川県の小松で二泊しました。金沢や能登半島の観光をすることが目的です。JALのマイルが余っていたので、申し込みギリギリ期限の出発4日前に取れたところが小松空港行きでした。

土曜の早朝に羽田空港を出発で月曜日の朝に小松空港を出ます。3日目は何もできませんので、レンタカーは三日間借りるのはもったいないので二日間のみ借りました。日曜日の夜に返却します。

金沢周辺の宿はどこもいっぱいでしたので、周辺の予約できる宿を探したところ、小松のアパホテルということになりました。

スポンサーリンク



アパホテルは小松市発祥?

あとから知ったのですが、アパホテルは実はこの小松市で前身の住環境メーカーである「信金開発株式会社」が1971年に創業したのだそうです。そして1997年にはアパ株式会社に商号を変更しました。2002年に本社を東京の赤坂見附に移転(登記上の本店は金沢市)とWikipediaには紹介されていました。ちなみにアパとは「Always Pleasant Amenity」の略語です。

小松グランドホテルは1986年にオープンしています。

お得な駐車場

アパホテルの駐車場は立体駐車場で一泊800円です。ところが、すぐ近くにある北陸銀行の駐車場は700円という表示になっています。


さらに真っ直ぐといってガードをくぐったすぐ先に、24時間最大500円の駐車場がありました。

こちらのシステムは変わっていて、クルマを停めたあとに券売機でチケットを購入し、クルマのダッシュボードの上に見えるようにして置いておくというシステムです。

部屋

受付が終わったあと、8階の部屋に行きました。ビジネスホテルとしては平均的なレイアウトで、可もなく不可もありません。

部屋に不釣り合いな大きな画面のテレビがあるのと、小さな冷蔵庫もありました。部屋にはユニットバス、トイレがあります。

小松グランドホテルの大浴場

お風呂は道路をはさんで向かい側にある小松グランドホテルの大浴場を利用することができます。部屋からルームキーとタオル類を持っていけばOKです。

小松グランドホテルの大浴場は4階にあります。小松グランドホテルの1階正面玄関から建物の中に入ると左手にエスカレーターがあり受付ロビーにつながっていますが、そちらに行ってはいけません。左手側に4階直通エレベータがありますので、こちらに乗ります。このエレベータ、かなり老朽化していて、2階から3階の付近でガクンとするところがあります。

大きめなドライサウナ、水風呂、ジャグジー風呂、露天風呂などがありました。少し設備が老朽化していますが、ホテルの宿泊ついでに使うのであれば十分だと思います。

朝食

アパホテル小松1階のレストランで軽朝食のサービスがあります。3種類のパン、ゆで卵、パスタ、キャベツを食べることができます。

飲み物もオレンジジュースや珈琲などを選べます。

今回はお盆の時期にもかかわらず宿泊料も安く助かりました。ビジネスホテルとしては平均的なのではないかと思います。

スポンサーリンク