群馬の太田でランチにポテト焼きそば

シェアする

録画をしてあった「モヤモヤさまーず」を見ていると、栃木県の足利市が特集されていました。この中で、足利出身のグラビアタレント、手島優が足利名物をいくつか紹介していたのですが、その中でポテト焼きそばが紹介されていました。焼きそばにふかしたジャガイモを入れてかさを増した料理です。群馬県と栃木県をまたがる両毛地域では非常にメジャーな焼きそばなのだそうです。

今回、食べログでも上位に入っていた岩崎屋に行ってみました。創業から50年以上、屋台の時代から現在まで麺は太麺、具はキャベツのみ、ウスターソースをベースに独自に調合したオリジナルソースが使われています。黒っぽい焼きそばで見た目も非常に特徴的です。かなり混雑しているらしいのですが、なぜか午後1時頃にお店に着いたときには駐車場がガランとしていました。残念ながら定休日が火曜日で、この日はちょうど火曜日でした。

仕方がないのでお店を変更することにします。以前、なす蒲焼き重を食べたことがある、「かわとみ」というお店に行ってみました。こちらがそのときのレポートです。

群馬県太田市の「かわとみ」で「なすの蒲焼き重」を食べました

trip.painfo.net

見た目がまるで鰻の蒲焼きなのですが、食べてみると茄子であることが判ります。茄子の蒲焼きの下には鶏肉の照り焼きがあります。こちらのお店で、ポテト焼きそばを扱っていたはずだということを思い出しました。

お店に行ってみると、「ポテト焼きそば」が記憶通りにありました。350円です。これに目玉焼きをのっけてもらいました。外の売店のようなところで注文します。

売店の裏には食事をできるスペースがあります。

しばらくすると、焼きそばができあがりました。こちらが目玉焼きのせになります。とても分量が多いことに驚きました。これで大盛を頼んだら大変なことになっていたのではないかと思います。

まずは麺から食べてみると、太麺で素朴な味がしました。ポテトもごくごく普通のポテトです。

こちらは、もつ煮定食です。

もつがたっぷりです。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク