溝口温泉 喜楽里で日帰り温泉

シェアする

喜楽里 上の湯

横浜WALKERに付いていた半額クーポン券を利用して溝口温泉 喜楽里に行きました。第三京浜の京浜川崎インターからクルマで15分ほどでしょうか。

今回はタオルのセットと岩盤浴、そして入浴料が込みになった価格から半額になります。シルバーウイーク三連休の真ん中の日曜日に行ってきました。

お昼の12時過ぎに着きましたが駐車場はかなり混雑していました。立体駐車場の一階はほとんど空いていませんでしたが、1つだけ空いているところを見つけてそちらにクルマを停めました。

受付を終わらせたあとお風呂へと向かいました。岩盤浴を利用する場合は受付で利用する時間を予約します。一回、30分弱利用できます。最近は時間無制限で利用できる岩盤浴が増えているので、少し物足りない感じもします。

お風呂の方は内湯に2種類の薬湯がありました。1つは茶色いお湯でよくありがちな薬湯なのですが、もう1つは黄色いまるでカレーのような色合いです。変わっているので黄色い方に入ってみると、なんとも言えない薬のにおいがして気持ちが良かったです。

ドライサウナは部屋の中が熱く息苦しいです。一番低い段を利用しました。ここならばなんとか熱さをしのげます。ドアから入ると手前がサウナストーブ、奥がテレビになっています。ドライサウナに向かい合わせに座ると、赤外線のせいでしょうか、かなり座っているのが厳しいです。

また、こちらのサウナは外からサウナマットを自分で持って入ります。このサウナマットは利用済みが下の段、未使用のものが上の段と分けられているのですが、未使用のものがなくなってしまっていました。お店の人の見回りの頻度が足らないのかもしれません。

塩サウナもあります。こちらは適度な温度で身体に塩を塗りたくって、リフレッシュできました。

みずぶは3人も入るといっぱいになってしまいます。少し、施設の大きさからみると小さすぎると思います。

午後2時に岩盤浴の予約時間が来たので、一階の岩盤浴の受付前に行きました。この頃になると、館内が非常に混雑していました。たくさんのお客さんで賑わっています。

岩盤浴は受け取った岩盤浴マットを岩盤の上に引いて横たわります。ほのかな暖かさで本当に効き目があるのかな?と最初は思っていましたが、徐々に汗が出て来ました。気持ちが良くて眠ってしまいます。

喜楽里 岩盤浴

ゆっくりとできて良かったです。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
スポンサーリンク

溝口温泉 喜楽里で日帰り温泉 の情報

2016年10月12日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒213-0022
神奈川県川崎市高津区千年1068−1
電話番号 044-741-4126
営業時間
定休日
HPアドレス 神奈川県川崎市の天然温泉施設『溝口温泉 喜楽里』

シェアする

フォローする