小田急相模原のギョウザ萬金でお腹いっぱいの餃子

シェアする


食べログで検索した中で気になっていた、小田急相模原駅近くの萬金という餃子屋に行きました。

お店の横に専用の駐車場もあるので助かります。


お店に行ってみると、レジの前が混雑していました。午前11時オープンで私たちが着いたのが午前11時30分、まだお昼にもなっていないのに、とてもお店が賑わっていました。

小田急相模原の駅からもほど近い、メイト商店街というところにあります。

スポンサーリンク

ギョウザ萬金

萬金の店構えです。

入り口で数分待っていると、人数を聞かれてすぐに案内されましたり

テーブル席に案内されて、周りを見渡してみると、厨房のカウンターの上にメニューがありました。各テーブルにはメニューは置いていないようです。
メニューは下記の通りです。

  • 焼き餃子   460円
  • 水餃子  450円
  • 鉄鍋蒸し餃子  790円
  • ライス  189円
  • わかめスープ  140円
  • 卵スープ  254円
  • キムチ  220円
  • ザーサイ  220円
  • グリーンサラダ  518円
  • バンバンジーサラダ  567円
  • ジュース、コーラ、烏龍茶  各180円
  • ビール大瓶  650円

注文は一括して行うようにという注意書きがありました。今回は最初の訪問なので、どのくらいの分量を頼めばちょうど良いのか分かりません。

そこで、わからないなりに、焼き餃子、水餃子、鉄板蒸し餃子、バンバンジーサラダの4種類を注文しました。2人で食べきれるか否かが気になります。

ライスを頼もうかどうしようか一瞬悩みましたが、中国では餃子そのものがライスと同じ位置づけなので、餃子とライスを同時に食べるのは信じられないそうです。また、宇都宮の餃子専門店「まさし」ではライスそのものがメニューにありませんでした。そんなことを思い出しつつ、今回はライスを注文しませんでした。

最初にバンバンジーサラダが運ばれて来ましたりかなり、しっかりとしたサラダで美味しそうです。最初からゴマだれがかけられていました。

ゆで卵、バンバンジー、トマト、きゅうり、キャベツなどが入っています。

ニンニクはおろしたてがテーブルにありました。

次に焼き餃子が運ばれて来ました。焼き餃子は時間がかかることが多いと思うのですが、思ったよりも早いです。

何だかコロコロとした餃子で可愛らしいです。意外と一個一個の大きさは大きいので、食べ応えはありました。1人前は10個入りです。

餃子の中は具がどっしりと入っています。皮はカリカリで、なかなか美味しいです。丸っこくて特徴的な餃子です。調べてみるとホワイト餃子というチェーンなのだそうです。ホワイト餃子自体は聞いたことがありますが、食べるのはこれが初めてでした。神奈川県ではこちらでしか食べることができません。

続いて、水餃子が運ばれて来ました。

ラーメンのスープのような汁の中に入っています。宇都宮で水餃子を食べた時には、お湯の中に入っていましたがらこのように味がついたスープの中に入っているのは面白いです。

こちらは鉄鍋蒸し餃子です。鉄鍋の中にブロッコリー、人参、かぼちゃ、パプリカなどが並べられていて、その上に餃子が並べられています。

良い感じに餃子も野菜も蒸らされていて、これは良いです。

小皿に取り分けた後、こちらのタレを上からかけて食べます。

湯気で写真は曇ってしまいましたが、優しい味でした。

スポンサーリンク