都立武蔵国分寺公園

シェアする

12月の日曜日に都立武蔵国分寺公園に行きました。西国分寺駅から歩いていくことができる距離のようですが、今回は車で行きました。多喜窪通り沿いに公園のコインパーキングがあります。最初の1時間が300円、そのあとは30分ごとに100円という料金体系でした。

こちらは国鉄の中央鉄道学園があった場所にできた公園です。

昔々、国分寺駅から東京競馬場まで支線があり電車が走っていた当時に、この中央鉄道公園の横を通っていたように記憶しています。

スポンサーリンク

中央鉄道学園

また、当時、何かの用事で中央鉄道公園にも行ったことがあります。

1987年に国鉄が分割民営化された際に国鉄の債務を返済するために中央鉄道学園が閉鎖されて跡地に住宅や公園ができました。2002年に泉地区が先に開園しています。続いて2004年に中央鉄道学園の跡地の南側を通る多喜窪通りの向かいにあった郵政省の社宅が整備されて西元地区が開園しました。

こちらが中央鉄道学園を記念したモニュメントになります。

モニュメントは蒸気機関車の動輪に模してあります。

モニュメントの下には中央鉄道学園があった当時の航空写真がありました。


公園は多喜窪通りを挟んで東西に分かれていて、南側がこもれび広場、北側が円形広場になっています。

こちらが南北を結ぶふれあい橋です。


こちらが円形広場になります。かなり大きな広場です。たくさんの子どもたちが遊んでいました。

都立武蔵国分寺公園 の情報

2016年12月29日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス
スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク