粟嶋神社と粟嶋公園

シェアする

豊後高田の昭和の町で観光したあと、粟嶋神社というところに行ってみました。昭和の町からはクルマで20分ほどの距離です。

粟嶋神社は寛永2(1625)年の創建でとても歴史があります。「小彦名命」が祀られています。

海に突き出た岩窟に杜が設けられているとても全国的にも珍しい神社だと紹介されていました。当初は作物や家畜の病を癒す神とされていたのですが、現在は「縁結びの神様」として有名です。

クルマは粟嶋公園の駐車場に停めました。40台程度のクルマが停められる比較的大きな駐車場です。

国東半島の地図もありました。左側が豊後高田、右側には大分空港があります。

縁結びの意味も込められているかと思いますが、下の写真のような公園のモニュメントもありました。調べてみると、「結(ゆい)」という名前で、比較的最近できたモニュメントのようです。柔らかな曲線が交差する形は「愛が結ばれてゆく姿」、また∞の形にも見えるので永遠の愛を表していると紹介されていました。また、このモニュメントのオープンと同時に国道213号線の愛称が恋叶ロードとなりました。

この海岸は夕陽がとても綺麗だそうです。この日は夜になったら飛行機に乗らなければいけなかったので、夕陽は見られませんでした。

鳥居をくぐって粟嶋神社へと向かいます。

ここにも別のモニュメントがありました。

海岸に向かって階段を下りていく形になります。

こちらが粟嶋神社です。

願い石というものがありました。二個で100円です。

こちらは賽銭箱がわりの真ん中に穴があいた石です。

石を積み上げて作られたと思われるものがありました。

海の水は透き通っていて綺麗です。

こちらが願い石を投げ込んで、うまく穴の中にとどまってくれると良いという岩です。

上から投げ入れる形になるので難しいです。何人かの人がトライするところを見ていたのですが、岩の周囲に石が当たって願い石が砕けてしまったり、ちょうど穴の中に入っても跳ね返って飛び出してしまったりして、うまく中に収まった人はいませんでした。

粟嶋神社と粟嶋公園 の情報

2017年06月25日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒872-1107
大分県豊後高田市臼野7−1
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク