千倉にあるホテル「夢みさき」で日帰り温泉

旅行

千倉にある「夢みさき」

温泉博士の6月号に千葉県の千倉にある夢みさきというホテルの温泉手形がついていたので行って来ました。千倉は房総半島の先っぽの方になります。

夢みさきの日帰り入浴の受付時間は午前10時からですが、途中でいろいろ寄り道をしたこともあって、午前11時ごろになりました。この日は台風が接近していて朝から雨が降っていたので、東京湾アクアラインも房総半島内の道も非常に空いていました。


夢みさきの駐車場もガラガラです。前の日から泊まっていたお客さんはすでにチェックアウトしたあとなのでしょう。ホテルの受付で温泉博士を提示すると、お風呂の場所を教えてくれました。12時までは一階の大浴場は清掃中のため、先に7階の展望浴場に行くと良いようです。

奥の方にある売店の横にあるプリクラの右に靴を入れるロッカーがありますので、そちらでスリッパに履き替えて、エレベーターで七階に向かいます。こちらのエレベーターは海の方がシースルーになっていてとても眺めが良かったです。

7階のフロアーで下りて展望浴場へと向かいます。

夢みさきの7階のフロアー

一つ下の階はプールになっているようです。

夢みさきのジャグジーとプール

こちらの展望浴場はバルコニーのようになったところに浴槽がありました。海が目の前に見えて、やはりとても眺めが良いです。浴槽は半分で仕切られていて、片方はジャグジーのようにたくさんの泡が出ていました。

そして、浴槽の横にはスチームサウナがありました。室内にはたくさんのスチームが充満しているのですが、そんなに熱くありません。過ごしやすいスチームサウナでした。

やがて、12時が近づいてきました。12時になると1階の大浴場がオープンします。さっそく服を着て1階へと移動しました。1階では大きなスヌーピーがお出迎えです。

1階で出迎えるスヌーピー

脱衣所には貴重品を入れるロッカーがありました。

貴重品用のロッカー

こちらのお風呂は半円形の浴槽が一つ、そして屋外にジャグジーのような浴槽があります。また、屋外にはとても小さなサウナがありました。こちらのサウナの中には2人から3人程度の人が入ることが出来るサイズです。ただ、残念なことに火照った身体を冷やすための水風呂がありません。

屋外のジャグジーはまわりが花で囲まれています。お風呂のお湯はバスクリンのような色がついていました。この日は少し雨が降っていたので、半身浴で入っていると気持ち良かったです。7階と1階でお風呂が離れているので移動が少し大変でしたが、色々なお風呂に入ることが出来るので、良いのではないかと思います。

 

美味しい温泉 夢みさき 公式ホームページ | 南房総の温泉 旅館
南房総・千倉 食いしん坊が集まる 食のパワースポット 海眺めの温泉・露天風呂付き客室 全室Wi-Fi 対応 新鮮な地魚や房州海老などを使った美味しい料理と充実の温泉で、ココロ遊ばせながら素敵な時間を過ごせる宿です。

千倉にあるホテル「夢みさき」で日帰り温泉の情報

住所
千葉県南房総市千倉町瀬戸3137
電話番号0470-44-2000
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント

  1. 鴨川グランドホテルで日帰り入浴をしました

     千葉県の千倉にある花みさきというホテルで日帰り入浴をしたあとに、同じく温泉博…

  2. 富浦の海鮮丼・浜焼き「ばんごや本店」に行きました

     千倉にある「夢みさき」というホテルに行く途中、富浦にある海鮮丼・浜焼きの「ば…

  3. 温泉博士の2012年8月号を買いました

     ここ二年ほど毎号欠かさず購入している温泉博士という雑誌の7月号を買いました。こちらは、月刊誌で毎月10日の発売です。しかし、今回は10日が日曜日にあたっ…