伊東のサンハトヤで日帰り温泉と釜飯のランチ

旅行

伊東のサンハトヤ

10月22日の土曜日に伊東にあるサンハトヤヘいってきました。

昔、「伊東に行くならハトヤ、電話は良い風呂、伊東にハトヤとサンハトヤ、電話は良い風呂、4126.4126 ハトヤに決めた、ハッキリ決めた、・・・」というコマーシャルソングをよく聞いたのを今でも覚えています。

伊東温泉のハトヤとサンハトヤ

この日は朝から大雨が降っていましたので、道はとてもすいていました。環八で用賀まで行って、東京インターチェンジから東名自動車道にのります。厚木まで走ったあとに小田原厚木道路にのって、小田原西インターチェンジ、そして真鶴道路などを走って、目的地の伊東まで行きました。


サンハトヤに着いたのは、午前11時頃です。事前に楽天トラベルで、日帰り温泉と食事がセットになっているコースを予約していました。

サンハトヤの手前側の駐車場にクルマを停めて、ホテルのロビーに行ってみると、こちらはホテル専用のロビーで、こことは別に日帰り館があるそうです。案内された方向にいってみると、確かに入り口がありました。こちらの近くにクルマを停めた方が良かったようです。

サンハトヤ 大漁苑 日帰り館

ハトヤ 大漁苑

温泉は二階にあるようなので、階段を上って歩いてみると、温泉の受付がありました。

日帰り館のフロア

サンハトヤの水槽

受付の手前には自動券売機もあります。日帰り入浴は大人2000円になっているようです。

自動券売機

そこで、名前を言うと、利用方法を解説してくれて、フェイスタオルを貸してくれました。また、食事の時間も合わせて予約しておくようになっています。会計は食事が終わったあとにすれば良いそうです。

受付が終わったあと、受付のすぐ近くにある貴重品ロッカーに荷物を入れて、お風呂に向かいました。貴重品ロッカーは無料、荷物を入れるロッカーは有料です。

お風呂は大きな洞窟の中にあるような設定になっていて、壁面には巨大な水槽があります。この水槽の中には、海水魚や大きな亀が泳いでいました。なんだか、竜宮城のお風呂に入っている感じです。

大きな浴槽は三つに仕切られていて、熱めのお湯、ぬるめのお湯、そして水風呂になっていました。また、サウナも併設されています。サウナは10人ほどが入ることができるサイズで、少し熱めの温度設定でした。テレビなどはありません。

露天風呂は二つの浴槽があります。海に面しているところにあるのですが、壁が高めなので海は見えませんでした。

お風呂からあがったあとは、畳敷きの大広間に行きます。

休憩室

こちらは、日帰り客専用の休憩所になっているようです。今回はお客さんの数が少なかったので、のんびりすることが出来ました。ここで、休んでいると、昼ごはんの時間が近づいてきましたので、食事処へと移動します。

サンハトヤの大漁苑

大漁苑で1000円以上のものを食べると、日帰り温泉が500円引きになるキャンペーンも実施しているようです。

500円バックキャンペーン

値段はこんな感じです。

伊豆のおすすめメニュー

大漁苑定食メニュー

大漁苑の中は非常に広くて、たくさんのテーブルがあります。団体さんが押し寄せてもこれだけ広ければ何とかなりそうです。

サンハトヤの大漁苑

大漁苑という名前、どこかで聞いたことがありましたが、昔、テレビのコマーシャルで三段逆スライド方式の釣り堀をやっていたところだと思います。ただ、釣り堀は見当たりませんでした。あとから調べていると、屋外にあったプールが冬になると釣り堀になるようです。

セットの昼食の内容は、ホタテの釜飯、刺身盛り合わせ、カニ汁、茶碗蒸しなど、非常に充実した内容です。

蟹の入ったお味噌汁

蟹の茶碗蒸し

刺身の盛り合わせ

海苔の佃煮やわさび漬け

こちらは火にかける前の釜飯です。

火にかける前の釜飯

そして、こちらが出来上がったあとの釜飯です。

出来上がった釜飯

釜飯は味が控えめですが、しっかりと、貝柱のダシが出ていて美味しかったです。最初見たときには全体としてボリュームが足らないかな?とも思ったのですが、意外とたくさんあってお腹もいっぱいになりました。

このあとは、並びにある道の駅 伊東マリンタウンに行きました。

道の駅伊東マリンタウンに行きました

 

【公式】伊東温泉 ホテル サンハトヤ
伊東に行くならハトヤ/でお馴染みのご案内サイトです。

伊東のサンハトヤで日帰り温泉と釜飯のランチの情報

住所〒414-0002
静岡県伊東市湯川572−12
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント