千葉県のヴィラそとぼうで日帰り入浴を楽しみました

旅行

千葉県のヴィラそとぼう

君津の温泉を出て、道の駅で食事をしたあと、まだ時間が午後1時前でしたので、もう一つ、温泉手形の対象施設に行くことにしました。同じ千葉県内では、ヴィラそとぼうが対象施設になっています。距離はかなり離れていましたが、行ってみることにしました。


現地には2時すぎに着きました。駐車場にクルマを停めて、館内へと向かいます。

「ヴィラそとぼう」の外観

受け付けで温泉手形を提示して、お風呂へと向かいました。こちらは1階のロビーになります。

ヴィラそとぼうの1階ロビー

「ヴィラそとぼう」の日帰り入浴の営業案内

お風呂は二階にあります。

ヴィラそとぼうの二階の廊下

男湯と女湯の分かれ道

脱衣所には無料のロッカーと100円玉返却式のロッカーの二種類があります。なぜか、無料のロッカーには、ほとんど鍵が付いていません。お風呂の中には一人しかいなかったので、間違えて、またはいたずらで鍵を持ち帰ってしまう客がいたのでしょう。せっかくの設備なのに非常に残念なことです。

何故か鍵がないロッカー

お風呂場には浴槽が一つだけあります。お風呂のお湯は無色透明、特に臭いもありません。あとから調べてみると、こちらは温泉ではなく、ヘルストロン人工泉のようです。麦飯石を粉末状にしたものを使っているようです。ただ、普通のお風呂との違いがあまりよくわかりませんでした。

水質検査報告書

実は熱帯魚のフィルターの中にもろ材として麦飯石を入れることがあります。また、麦飯石の粉末を溶かした液体を水槽の中に入れると、水の透明度が上がったような感じになります。何らかの効果はあるのでしょう。

洗い場にはシャンプーなどは完備されていました。また、脱衣所の洗面台にはドライアーもあります。

休憩するスペースは中央の階段の横に部屋があります。テレビがおかれているほか、ソファーや無料のマッサージ機が置かれています。

休憩できるところ

休憩室では女性一人、男性二人の三人連れのお客が、それぞれが一つずつのソファーに横たわって占領してしまっています。わずかに一つのソファーしか空いていません。マナーの悪さには絶句してしまいました。

千葉県のヴィラそとぼうで日帰り入浴を楽しみましたの情報

住所〒299-4503
千葉県いすみ市岬町和泉4427−1
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント

  1. 温泉博士の2012年8月号を買いました

     ここ二年ほど毎号欠かさず購入している温泉博士という雑誌の7月号を買いました。こちらは、月刊誌で毎月10日の発売です。しかし、今回は10日が日曜日にあたっ…