群馬県上野村の「やまびこ荘」で日帰り温泉を楽しみました

群馬県上野村の「やまびこ荘」

高崎市の湯都里で日帰り温泉に行ったあと、同じ温泉博士の6月号を使って、群馬県上野村の、やまびこ荘というところに行きました。下仁田を通って、トンネルをくぐり抜けるルートで現地を目指したところ、1時間ほどで着きました。


やまびこ荘に行くのは、今回が二回目になります。

上野村温泉郷 国民宿舎やまびこ荘の日帰り温泉を楽しみましたした

塩ノ沢トンネルを抜けると、すぐに左折する形になりますので、あまりスピードを出し過ぎていると、通り過ぎてしまいます。

やまびこ荘の駐車場にはとてもたくさんのクルマがとまっていました。

やまびこ荘の駐車場

やまびこ荘のオススメ

温泉博士のせいかな?と思いつつ中に入ってみると、今日のランチ営業はしていないことを示す貼り紙がありました。

ランチ営業は中止

そして、二階のロビーへと向かいます。二階のロビーにはとてもたくさんの人がいました。どうも、法事が行われているようです。食堂も貸切の状態で行われていました。このため、今回はランチ営業が行われていないようです。

受付で温泉博士を提示して、まずは温泉へと向かいました。

やまびこ荘の館内案内

脱衣所のロッカーは好きなところを選んで使って良いようです。

こちらの温泉は、内風呂が温泉の浴槽と洞窟風呂、水風呂、サウナがあります。サウナはテレビなどは設置されていません。6人ほどが入ることができるようになっています。

洞窟風呂は穴ぐらのようなところに入っていき、浅瀬の温泉がその中にあります。こちらは、源泉がそのままいれられているそうです。温泉は泉温が11度しか無いようです。

やまびこ荘の温泉分析書

露天風呂には温泉の岩風呂が一つあります。内風呂も露天風呂もそんなに多くのお客さんはいませんでしたので、のんびりとお風呂に入っていることが出来ました。山の中なのに、サウナなど一通りの施設も揃っていて良いところだと思います。

お風呂からあがったあとは、座敷で少し休んだあと、国道299号線で秩父を経由して東京まで帰りました。

 

やまびこ荘 : 【公式】旅する上野村
群馬県上野村は東京から2~3時間の大自然。関東最大級の鍾乳洞、高さ90mにある上野スカイブリッジなど見どころもいっぱいです。村民のモノづくりへのこだわりと愛情が詰まった特産品(十石みそ、猪豚、しいたけ、木工品)は、お土産に喜ばれる人気商品です。上野村が誇る自然の中で、癒し、グルメ、アクティブ、散策など、ひと味違った旅を...

コメント