鎌倉の報国寺は竹林が見事

旅行

報国寺の案内板

ゴールデンウイークの最終日、5月6日に江ノ島と鎌倉に行きました。稲村ヶ崎駐車場にクルマを置いて、江ノ電で最初に江ノ島へ行き、一通りの江ノ島観光をしたあとに鎌倉へ行きました。

稲村ヶ崎パーク&レールライドを使って江ノ島と鎌倉散策
ゴールデンウィークの最終日に江ノ島と鎌倉へ行きました。この日は混雑が予想されましたので、少し早めに家を出発し午前8時30分ごろには現地に着きました。第三京浜、横浜新道ともにまだ空いていました。 問題はどこにクルマを停めるかです...

鎌倉では鎌倉市中央市場を見た後、今まで行ったことがない報国寺というお寺へ行ってみることにしました。報国寺は約1000本もの孟宗竹が群生する竹庭がある寺院です。1334年に足利尊氏の祖父、家時が創建し足利家と上杉家の菩提寺として栄えた寺院で釈迦如来坐像が祀られた本堂の裏手に見事な竹林が広がっています。

バスで行っても良いのですが、今回は若宮大路の裏道をのんびりと歩いていきました。

報国寺は1334年に創建された禅宗寺院です。

報国寺の入口横

報国寺の入口

参道の左側には手入れが行き届いた庭があります。

庭の灯篭

綺麗に整備

通路の横の庭も見事

通路の横の庭も見事

石段を上ると本堂が見えてきました。

報国寺への石段

この日は参拝者が多く、本堂の前には列ができていました。

 

報国寺

こちらは鐘楼です。

鐘つき堂

竹の庭に入るためには受付で大人200円の拝観料を払います。茶席で抹茶をいただくためには500円を追加して700円を払います。抹茶券の取り扱いはこちらのみで、中に入ってからは抹茶を飲みたいと思っても飲めないので、こちらで必ず700円を払うようにします。

受付

緑茶券の取扱いは受付のみ

こちらが竹林に続く道です。この日はお客さんが多くて、少し列になっていました。

竹林の入口

こちらが竹の庭です。青々とした立派な竹が無数にあって本当に立派です。

見事な竹林

竹林

竹林

竹林には石灯籠や石仏が点在しその中の石畳を散策できます。

竹林の中のお地蔵さん

竹林

竹林

竹林の中の灯篭

お茶室

竹林の上をのぞむ

竹林の中の岩

奥に抹茶をいただくことができる休耕庵があり、干菓子付きの抹茶600円をいただきつつ、竹林を望みながら一休みすることができます。

竹林の奥に茶室

タケノコがいろいろなところにありました。こちらはかなり育ってしまっています。

大きくなったタケノコ

小さな灯篭

五重塔

こちらは矢倉という名前の横穴式のお墓だそうです。こちらの矢倉には足利一族が眠っていると言われています。

崖にも彫刻

 

花

報国寺を裏庭から

新緑が綺麗

こちらはちょうど本堂の裏側にあたる部分にある庭です。ベンチもありますので、庭を見ながらゆっくりと休むことができます。

報国寺の庭

報国寺の庭

報国寺は心が落ち着く素晴らしいお寺でした。

こちらが公式サイトになります。

報国寺 HOUKOKUJI <公式>

 

Related posts

鎌倉の報国寺は竹林が見事の情報

住所〒248-0003
神奈川県鎌倉市浄明寺2−7−4
電話番号
営業時間
定休日
参考サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント