町田市の小野路里山交流館を見学

以前から小野路にある里山交流館というところの横を通る機会があったので気になっていたのですが、今回通りかかったら近くのコインパーキングが空いていたので入ってみました。こちらがそのコインパーキングです。狭いので満車の場合が多いです。駐車証明書を交流館に持っていくと30分間の無料処理をしてくれます。

江戸時代に大山詣りの宿場として賑わった場所なのだそうです。

小野路には角屋、福島屋、池田屋、煙草屋、河内屋、中屋の6軒の旅籠があり、そのうち角屋を改修して小野路交流館ができました。

こちらが旅籠が並んでいた道になります。確かに当時の風情が少し残っています。道の右手には新撰組に関する史料などが展示されている小島資料館があります。

交流館に入るとロビーが喫茶コーナーになっているので、コーヒーセットを頼みました。見学だけであれば、特に入場料等は必要ありません。

奥には座敷もあります。

こちらがコーヒーセットになります。

コーヒーにオリジナルの里山マドレーヌ(プレーン)が付いていました。380円です。

ほかに、小野路うどんや里山コロッケ、里山饅頭、お赤飯といったメニューもあります。

小野路の由来が紹介されていました。

幕末から明治初期の小野路宿の略図です。

庭も立派です。

昭和初期に作られた蔵の中も展示室として公開されています。

1時間弱滞在して、小野路の街をあとにしました。

コメント