小田原の「守谷のパン」であんパン購入

グルメ

先日、小田原に行って魚料理のランチを食べた際に、前々から気になっていた「守谷のパン」というパン屋さんに行ってみました。土曜日のお昼、13時過ぎにお店に行ってみると、10人ほどの行列ができていました。

列に並びつつ案内を見ていると、日曜日はお休みのようです。この日が土曜日で良かったです。

どんなパンが販売されているか、お店の中をのぞいてみると、いくつかのパンが選べるようななっていました。

最近はお洒落に色々なパンを並べているパン屋さんが増えてきましたが、こちらのお店は昭和レトロな雰囲気も漂っているほどシンプルな売り場でした。質実剛健な感じです。

今回は定番のアンパンを6個購入しました。紙袋は別途100円で購入できると書いてありますが、これは多分大きな袋なのでしょう。6個のアンパンが入る程度の紙袋は付けてくれます。

10分ほどで買い物は終わり、また新宿へ行くために小田急線の小田原駅へと向かいました。

急行電車が来るまで時間があったので、袋の中からアンパンを一個出してみました。

このあんパン、ずっしりと重いです。

噂通りに、パンの生地は薄くて、あんこがたっぷりと入っています。

これだけアンコが多いと少しお腹にもたつくのではないかと思ったのですが、意外にもそれほどは甘くなく、美味しく食べることができました。

ただ、普通のアンパンとは違って、そう何個も食べられないかもしれません。お値段は160円と普通のアンパンと比較すると値段が高めですが、十分にそれだけの価値があるアンパンです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント