元日の夕方に深大寺で初詣

旅行

例年であれば元日の早朝に深大寺へ初詣に行っていたのですが、令和2年は元日の夕方に深大寺へ行ってみました。神代植物公園の第二駐車場へ午後4時半ごろ入った時点では駐車場から帰る人が多く、空いているスペースができ始めていました。

そこに車を停めて歩いて、10分弱で深大寺です。やはり歩いていても、深大寺から駐車場に向かって歩いてくるお客さんが多いです。

深大寺に行ってみると、境内にはたくさんの参拝客がいました。午後5時からはご祈祷もあるようで、そこにもたくさんの人が並んでいました。

お守りを扱っているところにも人がたくさんいます。

また、おみくじに並ぶ人の列も凄かったです。しかし、本堂の前のお参りの列はほとんどなく、すぐに初詣ができてしまいました。元日の夕方はもっと混雑していると思ったのですが、空いていて驚いてしまいました。

午後5時の時点では参道周辺にあるお土産屋さんも空いていました。ダルマも売っています。

ただ、深大寺蕎麦を扱っているお店はどこも午後4時半、または午後5時には終わってしまうようです。

鬼太郎茶屋はしっかりと営業中です。

ゲゲゲの女房を見ていると、まだ漫画が売れない頃の水木しげるさんが奥さんと自転車で深大寺へ行くシーンが描かれています。

それもあって、深大寺とゲゲゲの鬼太郎は切ってもきれない関係のような気がします。

店内は鬼太郎グッズでいっぱいでした。こちらは妖怪けん玉です。

ゲゲゲの鬼太郎関係のキャラクターのミニチュアも展示されています。

あたりが暗くなると、参道も人がまばらでした。

嶋田屋もすでに受付を終了しています。

お蕎麦を食べたい場合は午後4時前には深大寺に行っておいた方が良さそうです。

考えていたよりもずっと空いていて、ゆっくりと初詣ができたので、今までの早朝の初詣から今後はこの時間の初詣に切り替えようと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント