分倍河原の「MINAMO」にあるサイゼリヤで玉ねぎのズッパ

グルメ

シルバーウイークの最終日に分倍河原駅近くにあるMINAMOというショッピングモールに行きました。サミットストアが核テナントになっていますが、2階には衣類販売のサンキやサイゼリヤなどが入居しています。

今回はまずは休憩がてらにサイゼリヤに行きました。まだ時間が午前11時過ぎでしたので空いていました。

メニューを広げてみると、玉ねぎのズッパという見慣れない料理を見つけました。ズッパというのはイタリア語でスープの意味だそうです。日本人の考えるスープとは違っていて、パンなどが入っているボリュームのあるスープを指すそうです。

NEWと書いてあるので新商品のようです。たっぷり玉ねぎとセロリ、ニンジン入りと書いてあります。こちらとドリンクバーを注文しました。

スポンサーリンク

注文はアナログ(紙への書き込み)

注文はテーブルにある注文票にメニューの略号を書き込む方式です。店員さんが端末に打ち込む際にメニュー名を確認してくれます。

すかいらーくは最近、各店舗にタブレットを導入して注文を自動化していますが、サイゼリヤはずいぶんアナログな感じがします。

実はサイゼリヤは電子マネーの導入も遅かったのですが、必要な機器を全店舗にいち早く取り入れるのはコストがかかるため、あえて少し様子を見ていたようです。確かに発展途上の技術は装置を導入してもすぐに陳腐化してしまいますので面白い発想だと思いました。現時点であれば一通り電子マネー参入業者の顔ぶれも出揃って淘汰も終わったので良いタイミングかもしれません。

タブレットを導入せずにあえて注文票方式にしているのは、同様の戦略がありそうな気がします。

小銭の受け渡しの手間を減らすために、メニュー全品を切りの良い金額に統一したのも面白い発想だと思いました。

ドリンクバー

まずは、ドリンクバーコーナーから野菜ジュースをもらってきました。すかいらーくグループのお店では野菜ジュースをよく見るのですが、サイゼリヤでは珍しい気がします。

たまねぎのズッパ

しばらくすると、たまねぎのズッパが運ばれてきました。

スープの中身はほとんどが玉ねぎです。これでもか!というほど、たくさんの玉ねぎがとけ込んでいます。中央にはパンがつかっていて、その上にはチーズが溶けています。

口に運んでみると、確かにたまねぎの甘みがたっぷりと効いていて優しい味に仕上がっていました。あまりお腹が空いていないときにはこれで十分です。

こちらは季節限定の「レンズ豆とスペルト小麦のミネストローネ」です。

ごちそうさまでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント