ワンタンメンの満月 三鷹店で煮卵入りワンタンメン

グルメ

山形県酒田市のラーメン屋、ワンタンメンの満月が三鷹駅から少し離れたところにできたというので行ってみました。このお店、三鷹店以外には酒田の本店しかありません。酒田市は自家製麺率日本一、ラーメン消費率日本一という街なのだそうです。酒田本店は昭和35年創業、今年で60周年です。

三鷹店は三鷹駅の南口、中央通りをずっと南下してハローワークなどがある場所の向かい側になります。以前は韓国料理屋さんがあった場所だと思います。

金曜日の午後12時過ぎに行ってみました。お店の前には一人のお客さんが順番待ちをしていました。

営業時間はこちらです。ランチタイムとディナーの時間で分かれて営業です。通し営業ではありません。

お店の入口には消毒用にアルコールが置いてあります。

お店に入るとすぐに自動券売機があります。今回は煮卵入りワンタンメンを選びました。890円です。

店内は四人がけのテーブル席が4つとカウンター席があります。

オープンは2020年2月8日だったようです。

こちらが煮卵入りのワンタンメンです。

麺は細麺ですが、モチっとした食感の美味しい麺です。4種類の小麦をブレンドして作っていると紹介されていました。

煮干し、アゴ、昆布でとった澄んだスープはあっさりとしているのですが、奥深い味のスープでした。完成度が高いと思います。

ワンタンは皮がとても薄いので中身の具が透けて見えてしまいます。こんなに薄いのに食べてみると、モチっとしたとろけるような食感を多く感じる不思議なワンタンです。ワンタンの原料は小麦粉、塩、水、カンスイのみで、湿度や気温に合わせて量を調整しながらブレンドしているとのこと、なぜ他のワンタンとこれほど違うのかとても不思議です。

夏には冷やしラーメンも食べてみたいです。

ごちそうさまでした。

【2020/04/10追記】

タイムリーなニュースですが、ラーメンチェーンの幸楽苑で「酒田のふわとろワンタン麺」が発売されたそうです。税込み740円、どこまで味が再現できているのか気になります。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント