カンブリア宮殿で特集されたスズキヤ葉山店でジャンボアジフライと鮭と彩り野菜の茶々のり弁

先日、テレビ東京系列で放送されていたカンブリア宮殿を見ていると、スズキヤという神奈川県で展開しているスーパーマーケットチェーンが特集されていました。もともとは1902年に神奈川県逗子市で酒類や食料品などの小売店として創業した後、1950年に有限会社スズキヤを設立、1957年にスーパーマーケットに業態変更、1970年に株式会社スズキヤを設立という形で発展してきました。

スーパーマケットとしては鵠沼、東逗子、逗子駅前、磯子、西鎌倉、横須賀、葉山、新杉田に店舗があります。今回はこの中で葉山店に行きました。葉山御用邸の道を挟んで向かい側にあります。

観光客が多いエリアにあるので、この葉山店の駐車場はとても料金が高いです。

30分で550円というとんでもない値段です。ただ、スズキヤかHACドラッグで買い物をすれば60分無料となります。今回は葉山公園の駐車場に車を停めて、葉山の街を散策しながらスズキヤに寄ったので、こちらの駐車場は利用しませんでした。

そんなに店舗が大きいわけでもないですし、商品の価格が安いわけでもありません。しかし、惣菜コーナーをまず見てみると、その特色のある品揃えは面白いと思いました。本当にどれも美味しそうです。

今回は番組でも取り上げられていたジャンボアジフライと鮭と彩り野菜の茶々のり弁を買ってみました。

スポンサーリンク

ジャンボアジフライ

まずジャンボアジフライですが1枚入りが140円、2枚入りが280円でした。セールだと1枚98円になるそうです。脂ののりが良い獲れたてのアジをパン粉漬けしておき、売り場に出す直前に店内で揚げています。逗子市内の小坪漁港がスズキヤの主な鮮魚の仕入れ先になっています。バイヤーの方は絶対に前日の魚を買って安く売るようなことはしないと断言していました。漁師からの直接買い付けをしています。

今回は葉山公園で海を見ながら食べたので、特にソースなどの調味料をかけずに食べたのですが、衣はサクサク、中はフワフワな仕上がりでとても美味しいアジフライでした。

葉山公園で食事を食べるときは、トンビに襲われないように注意して食べる必要がありました。

鮭と彩り野菜の茶々のり弁

続いて、こちらが鮭と彩り野菜の茶々のり弁です。西鎌倉店の店員さんが考案されたのだそうです。自分の好きな惣菜を詰めていったら美味しいお弁当になったということでした。

朝8時に作られたものですが、消費期限が夜8時と設定されていました。

最初はそのままで海苔弁として食べて、半分くらいを食べたら備え付けのお吸い物をかけてお湯をかけて食べることが推奨されています。このお吸い物の元は「ひつまぶし」に添えているものと同じものを使っています。

具材は塩鮭、高野豆腐、がんもどきと野菜の煮しめ、白身魚と豆腐のふんわり天、きんぴらごぼう、ちくわの磯辺揚げ、金時豆、玉子焼き、大根の甘酢漬けと手の込んだものがたくさん載っています。

ご飯の上にのっている海苔は切れ目が入っているので、こちらも食べやすさを演出しています。ご飯には鰹節、揚げ玉、昆布の佃煮がのっていました。

この日は朝9時ごろに行ったので十分に在庫がありましたが、昼過ぎには品薄になってしまうことも多いそうです。

こちらの鮭と彩り野菜の茶々のり弁ですが、お弁当・お惣菜大賞2020「のり弁当部門」で最優秀賞を、惣菜部門で優秀賞を受賞しました。海苔弁当はなんと出品された3022点の中から1位になったということですので凄いことです。

この日は店舗に置いてなかったのですが、自家製煮豚カツ丼も美味しいようです。今度、スズキヤに行く機会があれば購入したいと思います。

【2021/10/17追記】

茶々のり弁 スズキヤ

鮭と彩り野菜の茶々のり弁再び

先日、江ノ島に行く機会があったので、スズキヤ鵠沼店に寄ってみました。こちらの店舗は駐車場もあるので車で行っても大丈夫です。

今回は日曜日の午後1時ごろでしたが、茶々のり弁はしっかりと在庫が残っていました。ランチを食べたあとでしたが、賞味期限が午後9時までと夕食に食べても大丈夫そうでしたので、購入しました。

今回はお湯を準備できたので説明書通りに半分食べたらお茶漬けにして食べました。こちらのお吸い物をかけてお湯をかけるだけです。

お吸い物

作り方のマニュアルも一緒になっています。

茶々のり弁の食べ方

熱湯を注ぐとこんな感じになりました。

鮭と彩り野菜の茶々のり弁

確かにお茶漬けにして食べると、これまた美味しいです。

ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました