鎌倉のカフェ 久時(ひさき)でホットカフェラテ

江ノ電を使って藤沢駅から鎌倉駅まで行きました。鎌倉駅では少し小町通りを歩いた後、カフェ 久時というお店に入りました。

看板建築のレトロ・モダンな建物の中にあります。

カフェ久時 鎌倉

こちらのお店湯浅物産館として明治30年(1897)に細工の製造加工・卸売りの店舗として創業しました。

現在の建物は昭和11年(1936)に建てられ、鎌倉における代表的な「看板建築」です。国の登録有形文化財(建築物)および鎌倉市の景観重要建築物等に指定されている貴重な建築物です。

  • 木造2階建、和小屋組
  • 延べ床面積/400.84平方メートル
  • 屋根/波形亜鉛鉄板葺き切妻
  • 外壁/スクラッチタイル張り及び波形亜鉛鉄板張り

外からお店を見ると、一見はお土産屋さんがあるだけに見えますが、中に入っていくと、奥のところがカフェになっています。

カフェ久時 鎌倉

土曜日の午後3時ごろ、外は雪が舞っていました。かなり寒いです。お店の中は暖かくなっていました。

鎌倉みやげ 貝細工 湯浅物産館

カフェ久時 鎌倉

こちらの色付き模様ガラスもレトロな雰囲気を醸し出していて、とっても綺麗です。

カフェ久時 鎌倉 色付きガラス

建物の構造体もカフェからはそのまま見えます。

カフェ久時 鎌倉 柱

今回はカフェラテを注文しました。こちらになります。

カフェ久時 カフェラテ 鎌倉

ゆっくりと休憩することができました。ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました