アクアユーカリに行きました 2011

アクアユーカリ

千葉県佐倉市のユーカリが丘駅の近くにある、アクアユーカリという施設に行ってきました。こちらは、プールや日帰り温泉などを一緒に楽しむことが出来る施設です。前回行ってから、1年近く経っています。

アクアユーカリにまた行きました

首都高速から京葉道路に出て、千葉北インターチェンジというところで国道16号線、そしてユーカリが丘へと向かう道に出て現地を目指しました。


首都高などは渋滞はありませんでしたが、ユーカリが丘もほど近くなった、勝田台駅の周辺の道が非常に混雑していました。この辺は他に迂回できそうな道も見つけられませんでしたので、そのまま、渋滞の中をユーカリが丘に向かいました。

ユーカリが丘周辺の商業施設で共用している駐車場にラフェスタを停めました。こちらは、アクアユーカリも提携しており、会計のときにレジで提示すると終日、駐車が無料になります。

商業施設共同駐車場の看板

アクアユーカリに着いたのは、ちょうど開館時間の10時頃でした。すでに館内に入ってみると、数組のお客さんがカウンターで受付をしていました。今回は「いこうよ」というホームページから印刷した割引券を持って行きましたので、入場料は大人と子どもでちょうど2000円になりました。

こちらのページに割引券がありました。携帯電話に転送して、携帯電話の画面で割引きを受けることも出来るようです。

ウエルネスプラザ アクアユーカリ | いこーよ

最初にまずはお風呂に入りました。こちらは風呂の種類がたくさんあります。内湯には備長炭を使ったお風呂やジェットバスなどのほか、ドライサウナ、ソルティサウナ、水風呂などがあります。ドライサウナはとても規模が大きくて、たくさんの人が楽しむことができます。部屋の中にはテレビがついているのですが、音量の調整がうまくいっていないようで、音が聞き取りにくかったのが残念です。

 

 

ソルティサウナは7人程度の人が入ることができる部屋で、テレビが設置されています。ソルティサウナでテレビがついているのは珍しいと思います。部屋の真ん中には塩が詰まった坪がおいてありました。ここから塩を鷲掴みにして、身体に塩を塗りつけます。傷口などでは塩がしみたりもします。この部屋の温度は60度くらいで設定されていますが、さほど熱く感じません。20分ほど入っていることが出来ました。汗もたくさん出てくるので、とてもよい感じです。

そして部屋の外にあるシャワーで塩を洗い流すと、肌が本当にスベスベになっているのがわかります。まるで、自分の肌ではないみたいです。

ドライサウナとソルティサウナにはさまれたところには、大きな水風呂があります。中に段差があって、かなり深い水風呂になっています。キッチリと火照った体を冷やすことができます。

露天風呂のエリアには、桧風呂や岩風呂、古代杉の風呂などがあります。桧風呂はレモンスカッシュの湯という不思議な入浴剤が入っていました。

お風呂とは別に岩盤浴もあります。こちらは別料金で一回45分で700円でした。こちらの岩盤浴はラドン岩盤浴で岩盤から発するラドンガスを皮膚から吸収することによって効果があるそうです。

この日は曇りで肌寒かったのですが、意外にもプールは大盛況です。やはり、家族連れで来ているお客さんが泳いでいます。風呂にゆっくりと入った後、プールに行く元気がなくなってしまったので、休憩室に行きました。

休憩室はゲーム機がおいてあるところの奥にあります。大広間「くつろぎルーム」になっていて、テーブルと座布団があります。また、コミック本がたくさん棚の中に並んでいますので、子どもはこちらで食い入るように読んでいました。

また、その上の階にはリクライニングシートがたくさん設置されている休憩室があります。液晶テレビがシートに一つ着いている席もありますので、そちらの方が良いでしょう。こちらの部屋の中にも雑誌などの読み物が置いてあります。

お昼を大きく過ぎて午後2時を回った頃に、さすがにお腹がすいてきたので、館内のレストランに行ってきました。私はビーフカレー、子どもは醤油ラーメンを注文です。どちらも580円でした。意外と良心的な値段です。

ご飯を食べたあとに、またお風呂へと入って、さらにリクライニングシートで一眠りしました。とてもゆっくりと出来た一日でした。

体と心を健康にしてくれる極上空間がぎっしり詰まった 《 アクア・ユーカリ&ユーカリ・ボウル 》
体と心を健康にしてくれる極上の「お風呂のテーマパーク」

コメント