休暇村 日光湯元に行きました

休暇村 日光湯元

温泉博士の12月号に付いていた温泉手形を使って、休暇村 日光湯元に行ってきました。奥日光にあります。11月下旬の土曜日に行きましたが、すでに紅葉のピークは過ぎていて、いろは坂が渋滞するようなこともなく順調に奥日光まで行くことが出来ました。休暇村 日光湯元は少し判りにくい場所にありましたが、カーナビの案内で何とか現地までたどり着くことができました。


奥日光は雪が降ったようで、いたるところに雪が残っていました。駐車場にも一部に雪が残っています。先日、スタッドレスタイヤに履き替えていたので、特に困るような場面はありませんでした。

休暇村 日光湯元の駐車場

こちらが、休暇村日光湯元の建物です。

休暇村 日光湯元の建物

入口から入ると、すぐに受付があります。こちらで温泉手形を提示して、お風呂の場所を教えて貰いました。

途中、レストランもありました。こちらは昼食時間の営業もしているようです。

休暇村 日光湯元のレストランメニュー
休暇村 日光湯元のレストラン

こちらが温泉の入口です。

休暇村 日光湯元の温泉入口

日光湯元温泉の泉質と効能が紹介されていました。泉質は硫黄泉です。

日光湯本温泉の泉質と効能

温泉成分

お風呂は内湯に温泉の浴槽が一つ、そして白湯の浴槽が一つ、露天風呂に温泉浴槽が一つでした。温泉は硫黄特有のニオイがただよっていて、雰囲気抜群です。また、お湯も白濁していて、湯の花もたくさん舞っていました。源泉掛け流しになっており、どんどん源泉が注がれていました。お湯の温度も熱すぎずぬるすぎず、ちょうど良い温度に調整されていて、のんびりと温泉を楽しむことが出来ました。

こちらが公式サイトになります。

休暇村日光湯元【公式】《ベストレート保証》|奥日光の湯ノ湖畔に立つ湯元温泉が魅力の森のホテル
日光国立公園内、奥日光にある静かな湯ノ湖畔の森に包まれたリゾートホテル。湯元温泉は奈良時代に開湯したと言われる歴史ある温泉でかけ流しの白濁の湯が魅力です。シラカバやカラマツ林に包まれた静けさと暖炉のあるロビーが高原リゾートの雰囲気を醸し出します。ランチや日帰り入浴のご利用も行っています。

コメント