茅ヶ崎の開高健記念館に行きました

旅行

茅ヶ崎の開高健記念館

茅ヶ崎のヴォーノ・イタリアというレストランに行ったあと、まだ時間に余裕がありましたので、同じ茅ヶ崎にある開高健記念館というところにも寄ってみました。iPhoneで30minというアプリケーションを使ってこの施設のことを見つけました。

開高健は作家で、芥川賞を受賞した裸の王様という作品が有名です。もともとは、サントリーの前身の会社に中途入社していたのですが、裸の王様が芥川賞を受賞したことに伴って退社し執筆業に専念しました。

杉並区に住んでいましたが、その後、昭和49年に茅ケ崎市東海岸に移り住みました。その後、2003年に邸宅が開高健記念館として開設されました。

場所は住宅地になるので、クルマで行くと少々わかりにくいところになります。住所をカーナビにセットして行ったのですが、「目的地に到着しました」と言われても場所がどこかわからず、そのまま少し走ったところで、標識を見つけて無事に記念館の駐車場に行くことができました。

駐車場は数台のクルマを停めることができるようになっています。

開高健記念館 駐車場


開高健記念館は本当に普通の家なので、何となく、御宅訪問みたいなイメージになります。

表札

開高健記念館の建物

玄関をあけて中に入ると施設の人がいました。記帳をして、さっそく展示物を見学します。

写真やパネルによる生涯の説明、愛用品の展示、書斎の展示、ビデオによる本人のインタビュー映像などがあります。

書斎は周りに大きな魚の剥製なども展示されていました。

開高健の書斎

建物のまわりには哲学者の小径が整備されています。

哲学者の小径

越前スイセンと開高健

記念館の庭

庭には竈もありました。

かまど

遠い道とゆっくりと

明日世界が

 

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント