横浜山手テニス発祥記念館と山手68番館を見学

旅行

横浜山手テニス発祥記念館

石川町の駅から坂を登って行き、最初に外交官の家などをみた後、今度は港の見える丘公園へと向かい山手本通りを歩いて行きました。

なんか洒落た感じの喫茶店がたっています。

喫茶店

山手本通り

やがて、カトリック山手教会が見えてきました。

カトリック山手教会

この手前で右手に歩いて行くと山手公園があります。

山手公園

山手公園

こちらは山手公園有料駐車場です。

山手公園駐車場

テニス発祥の地の記念碑が立っていました。1978年にテニスコート建設100周年を記念して建てられました。

テニス発祥の地

ローンテニスは明治7年に英国で始まっています。その二年後の明治9年には日本にも伝えられて、この山手公園で始められました。明治の終わりには軟式テニスが全国に広がって、横浜ではフェリス女学院などでプレイされていました。

この記念碑の向こう側にはテニスコートも見えます。

テニスコート

山手公園有料駐車場の案内板

山手公園

こちらがテニス発祥記念館です。

テニス発祥記念館

こちらの建物は1998年に建てられた建物であり、歴史のある洋館ということではないそうです。

入館してみました。昔のラケットがたくさん展示されています。

昔のラケット

昔のラケット

ステンドグラスも綺麗です。

ステンドグラス

館内では係員の方が丁寧に解説をしてくれました。

貴婦人

記念館の中はそんなに広くはありませんが、テニスのこと始めや、この周辺に関する歴史などがいろいろと展示されていました。

記念館の館内

館内からはテニスコートがよく見えます。

テニスコートを見る

駐車場は一台空いている

山手公園は西洋式公園の第一号なのだそうです。

西洋式公園の第一号

案内板

こちらは山手68番館です。昭和9年に建てられたバンガロースタイル外国人向け賃貸住宅です。東洋バブコック(現在のバブコック日立)という会社の社員さんであったC.F.フランコ さんの住宅として使われました。

もともとはこちらにあったわけではなく、昭和61年に移築されました。
現在は山手公園の管理事務所として使われています。

山手68番館

山手68番館

山手68番館の中

先はテニスコート

山手68番館の中

山手公園

山手68番館

山手68番館

山手の洋館巡りコースの中では、少し奥まっていて分かりにくい場所にありますが欠かせないスポットだと思います。

横浜山手テニス発祥記念館と山手68番館を見学の情報

住所〒231-0862
神奈川県横浜市中区山手町230
電話番号045-681-8646
営業時間10:00~17:00(入館16:30まで)
定休日第3月曜日・年末年始(月曜日が祝日の場合はその翌日)
公式サイト横浜市 環境創造局 横浜山手・テニス発祥記念館 トップメニュー
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント