上里カンターレオープン

旅行

JAFの会員誌を見ていると、関越道の上里サービスエリアの近くに「上里カンターレ」というお店がオープンしたことを知りました。「太陽に愛された南イタリア。美味しいもの、いやされるものがいっぱい」というのが宣伝文句になっています。平成27年11月13日にオープンしたばかりです。

上里カンターレ

こちらのお店、シェリアという洋菓子を製造している会社が運営しています。

株式会社シェリエ|有名店の納入実績多数!洋菓子・焼き菓子のOEMはシェリエへ
株式会社シェリエ公式HP。シェリエでは主に、洋菓子のOEM製造を行っており、コンビニエンスストアやホテル、カフェなど様々な形態へ向けてオリジナル洋菓子を製造いたします。多品種対応でき得る生産体制を確立し日産20万個製造しています。また、お客様に安心で美味しい商品をお召し上がりいただくためにシェリエグループでは徹底した安...

あまり聞いたことが無い会社だと思ったのですが、それもそのはずで、主に有名メーカー等にOEMとして商品を提供しているそうです。バームクーヘンやラスク、クッキーなどを製造しています。

土曜日の午前11時過ぎに現地に着きました。駐車場は非常に大きいので、まだ十分に停める場所がありました。一般道からだとかなり判りにくい場所にあります。ただ、12月には上里サービスエリアにスマートインターチェンジが出来るようなので、ここからは本当にわかりやすい場所になります。

クルマを駐車場に停めたあと、まずは建物の方に向かいました。たしかに南欧のイメージがいっぱいです。

こちらが駐車場です。奥の塔が立っているあたりがサービスエリアです。


太陽とスイーツのリゾートです。

 

このような形で洋菓子が販売されています。本当に売り場が広くいろいろな商品があります。

1階の奥にはパンの工場がありました。ガラス張りになっていてお客さんが見ることが出来ます。

アウトレットコーナーもあります。一袋400円程度のものが多かったです。

お買い得コーナーもあります。こちらは消費期限が近づいたものが並べられています。かといってメチャクチャ安いということはなく、アウトレットと同程度のお買い得価格のように見えました。

ほかに一階には試食コーナーもあります。20種類くらいの商品が細かく切られて容器に入っているので、ここからとって食べるような形になります。

二階にも行ってみました。自動演奏ピアノが置いてありました。

二階の奥は喫茶コーナーのようになっていました。

二階にも工場のラインがありました。こちらではラスクを焼いていました。

ほかに二階にはマッサージチェアも置いてあり、癒しを演出していました。また、バルコニーに出るとテラス席がありますので、そちらでくつろぐこともできます。

 

1階に再度おりてみると、レストランの前に行列が出来ていました。こちらではバイキングを提供してすが、かなりの人気があるようです。

90分制で大人1800円となっていました。

 

詰め合わせ袋もあります。

バームクーヘンは種類が豊富でした。

 

【2019/05/01追記】

ゴールデンウイーク に本庄に行く機会があったので、上里カンターレをまた訪問しました。こちらでレポートを紹介しています。

上里SA付近のカンターレや農産物直売所等を散策
ゴールデンウイーク 2日目に埼玉県の本庄市に行く機会がありました。以前、上里サービスエリアにスマートインターが出来た頃、上里カンターレというお菓子の工場や販売などをしている施設には一回行ったことがあります。

コメント