三崎の「うらり」で「とろまん」とマグロの揚げ物

お正月の1月3日、三浦半島の三崎まで行きました。三浦半島の西南端、源頼朝が訪れた歴史のある港町です。昭和の時代にはマグロ漁の拠点として大いに賑わいました。京浜急行の三崎口駅から三崎港までバスで15分ほどの場所です。

本当は京浜急行も三崎まで線路を伸ばしたかった時期もあったようですが、今は採算の問題から延伸は難しいようです。観光シーズンには三崎口駅から三崎港まで道がかなり渋滞することがあります。

三崎では海産物や農産物の直売所となっている「うらり」に寄りました。うらりには専用のコインパーキングもあります。最初の1時間が210円ですが一つのお店で2000円以上の買い物をすると1時間無料になります。

午後12時少し前に着いたのですが、すでに駐車場は満車直前でした。これ以降は車が長い列を作っていました。出庫する車もあるので、待てば何とか入れることはできそうです。

三が日ということで、お店は半分くらいが閉まっています。開いているお店の中で、すぐに食べられそうなものを探してみました。

最初に見つけたのが、とろまんを売っているお店です。とろまんはお肉の代わりにマグロが入っているようです。

とろまんの冷凍食品を販売しているお店もありましたが、すぐに食べられる、蒸しながら売っているお店で買いました。

みさきまぐろ倶楽部というお店です。

とろまんの中は玉ねぎ、キャベツ、タケノコ、しいたけ、マグロが入っています。

こちらがとろまんです。見た目は普通の肉まんと変わりません。

中身も一見すると普通の肉まんと同じです。

ただ、一口食べると、マグロの美味しさが口の中に広がりました。美味しいです。

続いて、「まぐろ工房 満月」というお店で、マグロの各種揚げ物を買いました。コロッケ、串カツ風などいろいろあります。

衣には味が付いていますので、ソースなどをかけなくても大丈夫です。こちらも、中身は意外とあっさりとしていて、美味しかったです。

ごちそうさまでした。

コメント