バーミヤンで日替わりランチ(鶏肉と野菜の甘酢炒め)

グルメ

先日、ゴルフ場に行った帰り道でバーミヤンの調布深大寺店に行きました。バーミヤンに行くのはかなり久しぶりです。平日の午後4時ごろです。店舗一階の駐車場はとても空いていました。

二階の店舗に行ってみるとやはり平日の夕方ということもあってとても空いていました。ご自由に席をお選びくださいということでしたので、窓際の4人席に座りました。

午後5時まではお得なランチメニューを取り扱っています。こちらがランチメニューです。

まずは日替わりランチがこちらです。ガストだと日替わりランチはフライ系になってしまいますが、バーミヤンは揚げ物が少なめです。この日は水曜日でしたので、鶏肉と野菜の甘酢炒めでした。

こちらは自由に選べる飯ランチです。麻婆チャーハン、揚げ鷄の照りマヨ丼、中華丼、チャーハン&チキンチリがあります。

最近は、東秀が「れんげ食堂」を展開したり、松屋が松軒中華食堂を展開したりして、徐々に競争が激しくなっています。すかいらーく系列でも競争に負けられません。メニューは昔ながらの中華料理ばかりではなく、凝ったものが増えたと思います。

こちらが麺ランチです。ドリンクバーと選べる小皿が付いています。

今回は日替わりランチと単品の焼き餃子、ドリンクバーを注文しました。いつのまにか、バーミヤンでもタッチパネルで注文ができるようになっていました。ガストなど他のすかいらーく系列のお店に導入され始めた装置と同じタブレットです。これで省力化されてボールの店員さんは基本的には一人で営業していました。

こちらが日替わりになります。ご飯は少なめにしました。おかずはかなりのボリュームがあります。

揚げ物をうまく避けることができたと思っていたのですが、実は鶏肉は揚げられていました。

甘酢の具合がちょうど良く、チェーンの中華料理屋とは思えないほど美味しかったです。

ライスはこれくらいでちょうど良いです。

こちらは単品の焼き餃子です。

昔、バーミヤンで食べた餃子はもう少し質素なイメージだったのですが、その後、モデルチェンジされたのでしょうか。中身がジューシーに仕上がっていて、とても美味しくなっています。

ドリンクバーの方はすかいらーく系列にある一般的なメニューに加えて、各種中国茶も選ぶことができます。なかなか面白いです。

ごちそうさまでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント