OSCデオシテイ新座で映画鑑賞

旅行

にいバス

子どもが逆転裁判という映画を見たいというので、映画館に行きました。今までであれば、多摩センターか武蔵村山、日の出のイオンモールに併設されているワーナーマイカルシネマズに行くことが多かったのですが、今回はちょっと違うところを開拓して見ることにしました。

逆転裁判の上映をしている映画館から逆に映画館を調べてみると、新座市にあるOSCデオシテイというところにある角川の映画館で上映されていることがわかりました。以前、デオシティにはいったことがあるのですが、ここの映画館には入ったことがありません。こちらにいってみることにしました。


映画は朝の9時50分から始まります。少し家を早めに出たところ、現地には9時ごろに着いてしまいました。駐車場が空いているか不安だったのですが、一つだけ朝9時にオープンしている駐車場がありました。映画館がある棟にある駐車場が早くから空いているようです。

こちらは大きな道には駐車場が接しておらず、川沿いの道から入るような形になります。少々わかりにくいので、あらかじめ、案内図で確認して置いた方が良いかも知れません。

OSCデオシティの駐車場の案内

駐車場は1階にとめることが出来ました。ここから、4階の映画館まで、エレベーターでのぼります。2階や3階はまだ開店前なので降りることは出来ません。4階へ直行という形になります。映画館のフロアーは非常にすいていました。ワーナーに行くときはe席リザーブでチケットをオンライン購入してから行くのですが、今回は購入をしていませんでした。それでも、全く問題なくチケットを窓口で購入することが出来ました。

子どもはポップコーンが欲しいというので、売店で500円の商品を購入し映画館に入場です。この映画、2時間30分ほどの映画でした。

OSCデオシティはオリンピックが運営しているショッピングモールです。ホームセンターやスポーツ用品店、スーパーマーケット、映画館、フードコート、レストラン、100円ショップなどがあります。イオンモールよりも、さらにカジュアルな雰囲気です。映画が終わったあと、フードコートに行ってみました。映画館があるのと同じ棟の1階にあります。それなりに広いのですが、お昼過ぎにはお客さんでいっぱいになっていました。外の駐車場と直結されているので、ドアが開いたときに、ビュービューと寒風が入ってくるのが今一つです。扉を二重に配置すると改善されるかもしれません。

フードコートにはラーメン屋、讃岐うどん屋、ミスタードーナッツ、ケンタッキーフライドチキンがありました。私は讃岐うどんを食べることにします。家族はラーメンセットなどを食べていました。お腹がふくれたあとは、店内を散策です。おうちデポはそれなりにスケールも大きく、色々な商品が扱われているので楽しむことが出来ました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント