混雑が気になる「おふろの王様 和光店」で日帰り温泉

4.0
記事内に広告が含まれています。
おふろの王様 和光店

公式サイトより引用

8月最後の日曜日におふろの王様和光店に行ってきました。コロナ禍の2021年12月にオープンしたばかりの施設です。環状8号線沿いにある極楽湯の和光店には何度も行ったことがあるのですが、おふろの王様和光店は今回が初めてです。川越街道と自衛隊があるエリアにあります。

埼玉県和光市の公民連携事業で誕生した「わぴあ」の中にできました。おふろの王様では初めてになる女性をターゲットにした休憩ラウンジ「かまくらうんじ」が施設の2階にあります。わぴあには他に総合児童センター、市民プール、コワーキングスペース、診療所、保健センター、認定こども園、和光市児童発達支援センターなどがあります。

スポンサーリンク

駐車場

駐車場は種物に併設されている立体型の駐車場でした。おふろの王様を利用すると5時間までは無料、以降は30分につき100円です。駐車券で無料のサービスを受けるためには、入館時に自分で受付の機械に駐車券を通さなければいけません。係の人の案内が分かりにくいので注意が必要です。

日曜日の午後2時過ぎだったのですが、ぐるぐると登って行っても空いているスペースが見つかりません。ほとんど屋上か?という場所まで行くとようやく空いているスペースがありました。

帰るとき、ミニバンの天井にコンテナボックスを高さ制限の板にぷつけてしまって、立ち往生している車がありました。車高に注意した方が良さそうです。

入館手続き

入口から種物に入ると、まずは靴を下駄箱ロッカーにしまいます。この下駄箱ロッカーの鍵が館内で使うICタグが埋め込まれていますので大事です。

見慣れぬ無人カウンター機があります。ここで、利用するサービスを指定していくとレシートのような紙が発行されます。

入場機を通るときは下駄箱のロッカー鍵のICタグを押し当てて通ります。

脱衣所

大浴場は3階になります。エレベーターもしくは階段で3階へと行きます。脱衣所は鍵がささっている空いているロッカーを使います。この日は混んでいてどのロッカーも空いていなかったので、入るときに利用した下駄箱のロッカーキーと脱衣所のロッカーキーが同じ番号になっているのかな?と勘違いしてしまいました。

内湯

入口から入ってすぐに左手にドライサウナの入口、右側に掛け湯と水風呂があります。オープンしてから半年以上が経過するので、そろそろ空いているだろうと思っていたのですが、とんでもなく混雑していました。お風呂は芋洗状態になっています。

掛け湯はぬるめの設定です。水風呂はかなり大きくて水が青く着色されているようにも見えます。

おふろの王様 和光店

公式サイトより引用

さらに進むと、左手に洗い場、右手に温泉の高濃度炭酸泉などがあります。温泉は東京にありがちな濃い茶色の透明度がほとんどないタイプです。

おふろの王様和光店

公式サイトより引用

泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩温泉(通称:美人の湯) 、pHは8.0です。

ほかにジェット湯、電気風呂などがありました。

ドライサウナはオートロウリュの仕組みが付いていておよそ30分に一回、サウナストーンの上から液体が注がれるようになっています。アロマ水なのか普通の水なのか香りなどからは判別がつきませんでした。ロウリュが始まっても、サウナの中にたくさんの人が入っているためなのか、あまりロウリュの効果を感じることはありませんでした。もしかすると、タワー型サウナの上段に座ると効果を感じるかもしれません。

おふろの王様 和光店 ドライサウナ

公式サイトより引用

露天風呂

露天風呂のエリアには大きな浴槽が2つあります。一つは温泉の高濃度炭酸泉となっているはずなのですが、温泉の配管の調子が悪いようで、温泉水ではありませんでした。代わりにパイン飴の入浴剤がこの日は入れられていました。ほかに壷湯、スチームサウナなどがあります。また、テレビもありますので、ゆっくりとテレビを見ながらくつろぐこともできます。

おふろの王様和光店露天風呂

公式サイトより引用

かまくらうんじ

2階にあるかまくらうんじは別料金で土日祝日は追加で600円が必要です。この金額で館内着もついてきます。(小学生以下は利用することができません)

今回は、あまり時間がなかったので、かまくらうんじは利用しませんでした。ゆっくりと休んでいる人のほか、パソコンを使って作業をしている人もいました。

かまくらうんじ

公式サイトより引用

今度、時間に余裕があるときに、かまくらうんじを利用したいと思います。

スパジアムジャポンとの比較

東久留米にオープンした大きな日帰り温泉施設、スパジアムジャポンと比較すると、やはり設備の大きさ、ゆったりさ、人の密度、入場料金の安さ、駐車場無料等の諸条件から考えて、スパジアムジャポンの方が好きです。こちらで紹介しています。

東久留米のスパジアムジャポンで岩盤浴ざんまい
先日オープンした東久留米市のスパジアムジャポンに春分の日の午前中に行きました。関東最大級を誇るビッグスケールの天然日帰り温泉施設です。3万冊のマンガが読み放題、1日いても1500円以下、なんでも揃うグルメパラダイスといった特徴でかなり話題に...

コメント