吉野家外環和光北インター通り店で牛すき鍋膳

外環の和光北インターから何故か国道254号線があります。多分、池袋方面から富士見川越バイパスまでがこちらを通るようになるのだと思うのですが、今はとても中途半端になっています。この道を走っていた際、ドライブスルーもある大きめの吉野家があったので寄ってみました。

午後2時ごろでしたので、店内はさほど混雑していません。

メニューを広げてみました。

やはり、この時期は牛すき鍋膳を食べたい季節なので、こちらを注文しました。

メニューを見ると、牛丼に限らず、定食類も含めて色々とメニューが充実していました。昔の吉野家とは随分と変わってきたことを感じます。

定食もお肉の定食だけではなく、サバやシャケといったメニューも揃えられていました。

すぐに牛すき鍋膳がが運ばれてきました。

お肉がたっぷりでボリュームがあります。

鍋の底にはうどんも入っていました。それぞれの具材は鍋の中の甘辛いすき焼き味が付いていて、卵を通すと、なんとも言えない味になります。これは美味しいです。

お新香は少しだけです。

ご飯は並盛りです。

吉野家の牛すき鍋膳はやはり安定した美味しさでした。ごちそうさまでした。

【2020/01/21追記】

吉野家は業績が急速に改善していることが報じられていました。ライザップ牛サラダ、ベジ定食、ベジ牛定食などユニークなメニューも揃ってきています。ベジ定食は税抜498円ですが、もしも同じものをお洒落な喫茶店で食べたら倍程度の価格になってしまうでしょう。

吉野家は以前は牛丼一筋のイメージが強かったのですが、急速にその、イメージが変わりつつあります。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント