新座市の妙音沢特別保全地区を散策

吉祥寺駅からもバスが出ている新座栄バス停の近くに妙音沢という自然を保全している地区があることを知ったので、6月の日曜日に訪問してみました。場所は本当に新座栄のバス車庫やセブンイレブンが並んでいる場所の下、黒目川沿いになります。

吉祥寺方面のバス時刻表です。

隣のセブンイレブンです。

こちらの路地の方へ入って行きます。

この辺はときどき車で通るところでしたが、このような自然が沢山残されている場所があることを今まで知りませんでした。

駐車場

今回はリソル新座栄NO1というコインパーキングに車を停めました。

前払い式で一日400円というリーズナブルな駐車場です。全部で10台までの車を停められます。日曜日の午後でしたが、2台分は空いていました。前払い式なので先に料金を払って出てきたレシートを車のダッシュボードの見やすい場所に置いておきます。

このコインパーキング、場所が非常に分かりにくいです。住所で言うとこちらになります。

〒352-0014 埼玉県新座市栄1丁目8−9

保全地区へ

ここから歩いて5分強で妙音沢に降りる遊歩道の入口です。

途中、紫陽花が咲いていました。

特別緑地保全地区は禁止事項がありますので事前に確認しましょう。

平成の名水百選

こちらが遊歩道の入り口にあります。

周囲は崖崩れの危険地域です。

遊歩道を歩いて行きます。

やがて下りの階段が始まります。結構、きついです。

妙音沢

一番下まで降りると、尾瀬のように木道が整備されていました。

きれいな水の流れがあります。

木道を登って水が流れて行く方向に行ってみましょう。

この下を水が流れています。

この辺が最も奥の部分です。

この辺から水が湧き出しているようです。

こちらが流れの下の方向です。

木道を別の方向に行ってみました。

水の流れに沿って歩きます。

土砂崩れ防止の強化が行われていました。

下からは水が流れ出ています。

黒目川

こちらは黒目川です。

妙音沢旗桜

妙音沢旗桜がありました。

こちらが説明板です。この桜は新種の桜で、花びらの中に雄しべが変形してできた旗弁が多いもので5枚程度あり白い花びらが二重についているように見えるのが特徴です。2014年に「ミョウオンサワハタザクラ」と名付けられました。

花に関する説明です。

こちらが桜の木です。

市場通りから妙音沢に降りる際には橋の横のこの遊歩道を降りて行きます。

周りよりも2度から3度くらいは気温が低い感じで過ごしやすかったです。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました