湯快爽快(くりひら店)に行きました

湯快爽快くりひら

 3月19日は三連休の初日でしたが、あんなに大きな災害が起きたあとだけに、気分的に遠くへ行きたくありません。近所の温泉で疲れをとろうということになりました。そんな中で選んだのが、湯快爽快というチェーン店です。今回は「くりひら店」に行きました。

湯快爽快 くりひらの案内板

 現地に着いたのはお昼すぎでしたが、駐車場は非常に空いていました。建物の中に入ると、
すぐに靴を入れるロッカーがありますが、奥の方にもロッカーがありますので、手前が空いていない時には受付の裏側に回り込むようにして奥へ行くと良いです。


 自動券売機で入浴券を買ったあと、受付を終わらせます。こちらでは、バーコードのついたリストバンドをもらいます。これが館内では財布がわりになります。

 まずは、お腹が空きましたので、食事処に行きました。どこでも好きなところに座って、頼みたいものが決まったら、押しボタンで店員さんを呼ぶシステムになっています。今回は、春野菜の天麩羅御膳と自家製カレーライスを注文しました。カレーライスは注文をしたあと、3分もたたずに出てきました。まるで、吉野家なみのスピードです。

自家製カレーライス

 お洒落な感じのカレーライスで、あまりドロッとしていない、美味しいカレーライスでした。カレーライスをゆっくりと食べつつ、春野菜の天麩羅御膳が到着するのを待っていたのですが、一向に届きません。そして、カレーライスを食べ終わった頃に天麩羅御膳が届きました。出来れば、一緒にご飯を食べたいので、食事を提供するスピードはうまく調整して欲しいところです。

春野菜の天麩羅御膳

 食事が終わったあとはお風呂へと向かいます。更衣室のロッカーは好きなところを選んで使うタイプでした。お風呂の入り口には冷水器があります。そして、お風呂へ入ると最初の仕切られた空間は洗い場になっていました。そして、もう一つ扉をあけるとお風呂場になります。内湯には白湯、水風呂、ドライサウナなどがあります。

 そして、露天風呂のエリアには、温泉ぬる湯、温泉あつ湯、庵湯、壺湯、寝湯などがあります。この日は空いていたので、壺湯に最初に入ったのですが、あまりにも気持ちが良くて、少し眠ってしまいました。こちらの温泉は濃い茶褐色、少し肌がヌルヌルします。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント