有明の「そなエリア東京」に行きました

そなエリア東京

東京都の有明にある「そなエリア東京」にいって来ました。ゆりかもめの有明駅のすぐそばになります。今回はクルマで行ったのですが、そなエリアには来場者向けの駐車場はありません。そこで、今回は隣にある、がん研有明病院の有料駐車場にクルマを停めました。日曜日の朝に行ったのですが、休診日であった上に、まだ、面会の時間にもなっていませんでしたので、駐車場は非常に空いていました。いべんなどが開催されて周辺が混雑している時は、病院に用事がある人に迷惑がかかる可能性もありますので、別の駐車場を使った方が良いかもしれません。


地下駐車場から病院の一階まであがり、隣りの、そなエリア東京に行きます。こちらは入場料が無料となっていますので、直ぐに入館することが出来ました。建物の中に入ると、ちょうどロビーからたくさんの人がエレベータフロアーへと入っていきます。その列の一番最後に並んだところ、待ち時間ゼロで任天堂DSを受け取ることが出来ました。

エレベータフロアーでは、この任天堂DSを使って、クイズの答え方や現在のシチュエーションなどに関する説明がありました。

エレベータフロアーでの説明

このエレベータフロアーは、デパートの10階だそうです。そして、エレベータに乗っているときに大きな地震にあうという想定です。任天堂DSを使って練習問題を解いて、スタートの画面を出しておきます。

任天堂DS

一通りの説明が終わるとエレベータに乗車します。

エレベータの中

そして1階に向けて下りている途中で地震が発生しました。特にエレベータが揺れるわけではありませんが、音響効果や照明などにより、地震が発生したことを演出しています。途中の階でエレベータは停まってしまいますが、やがて1階でエレベータのドアが開きます。エレベータからおりると、そこは暗くなった廊下になっています。避難誘導灯を頼りに外へ出ます。

真っ暗な廊下

廊下を辿っていくと、ビルの外に出ることが出来ました。こちらには地震で壊れた建物など、商店街があります。

居酒屋と傾いた電柱

2階の壁に取り付けてあるエアコンの室外機は落ちてきそうです。

落ちてきそうな室外機

ビルが倒れてきそうになっています。

倒れそうなビル

街角ではニュース映像が流れていました。もちろん、地震の特別番組が放送されています。

地震特別番組

東京湾北部で震度6強の地震が発生したようです。

東京湾北部で震度6強

お店の中で商品が倒れてしまっているコンビニエンスストアーです。

コンビニエンスストアー

こちらは地下鉄の東西駅です。

地下鉄ほくと線の東西駅

一般の家の中がどんな被害を受けているかも見ることが出来ます。

一般の家の被害

こんな環境の中で、DSを使いながら問題を解いていきます。問題は全部で10問でした。

DSを使って問題を解く

このフロアーが最も迫力がありますが、どんどん後から次のお客さんがやってくるので、「クイズが終わったお客様はこちらから映像のフロアーへお願いします」という係の人の誘導に従って通路を歩きました。少し広くなった部屋で映像を2つ見て、そして明るい部屋に出ることが出来ます。こちらでは防災用具などが展示されていました。一通りの展示を見たところでDSを返却すると終わりです。

かなり本格的な設備があり、よく出来た施設でした。

 

防災体験学習(そなエリア東京) | 東京臨海広域防災公園
東京臨海広域防災公園は、東京都江東区有明にある基幹的広域防災拠点です。防災体験学習施設「そなエリア東京」では無料で防災体験学習ができます。
この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!

有明の「そなエリア東京」に行きましたの情報

住所〒135-0063
東京都江東区有明3丁目8番35号
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

旅行
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント