【閉店】平日の「なめがわ温泉 花和楽の湯」は快適でした

なめがわ温泉 花和楽の湯

じゃらんの10月号に日帰り温泉施設の半額クーポンがたくさんついていました。その中に、なめがわ温泉花和楽の湯のクーポンもついていました。8月に行ったばかりでしたが、このクーポンを使って行ってみることにしました。

ただ、利用条件に平日限定とあります。そこで、会社のお休みをもらって行きました。

練馬インターから関越自動車道にのって、東松山インターまで行きます。平日はETC割引があまりないので、高速料金が高くなってしまう点は残念です。1400円でした。


東松山からはほどなく花和楽の湯に着きます。お昼の12時少し前に着きましたが、駐車場はかなり空いていました。

受付を済ませて脱衣所のロッカーのキーが付いたリストバンドをもらったあとは、お風呂の手前にあるカウンターで

・バスタオル
・フェイスタオル
・岩盤浴着
・岩盤浴マット
・館内着

が入ったバックを受け取ります。女性は館内着の色を選ぶことができますが、男性は一色です。

こちらは、何といってもサウナがお気に入りです。IKIサウナという特別なサウナが採用されていて、それほど熱くないのに、とてもよく汗が出てきます。また、サウナ室内も広く三段あるので、好みの温度の場所を選ぶことができます。テレビも設置されているので、飽きることもありません。

ただ、テレビはNHKのBSがかかっていたものの、大きく、「設置したことをNHKまでご連絡ください」と書かれた案内テロップが表示されていました。B-CASカードの登録が終わっていないようです。

こちらのサウナでは、ロウリュのサービスも実施されています。今回は二回、楽しみました。一回目は12時15分からの檜アロマオイル、二回目は13時15分からのローズマリーアロマオイルです。

一回目は3人、二回目は2人と、とてもお客さんの数が少ないのが印象的でした。休日はサウナルームが満杯になるほど盛況ですが、この差は本当に驚きます。

こちらのロウリュは始まる前に希望する人には大きめな氷をくれます。この氷をなめながらロウリュのサービスを受けます。体温を下げる効果のほか、水分補給の役にもたつのでしょう。

最初にアロマオイルを半分だけサウナストーンにかけて、タオルを使って熱気をサウナルーム内で循環させます。この際は目を閉じていると、かすかにアロマのにおいがしてくる感じです。

そのあと、残りのアロマ水をサウナストーンにかけます。そして、熱気を循環させると今度はかなりの熱気を肌で感じることができます。さらに、熱気を一人一人に対して送り込んでくれるのですが、これはかなり熱く感じました。

ロウリュのサービスが始まる前に、よく水風呂で身体を冷やしておいた方が良さそうです。ロウリュのサービスは10分弱で終わりました。

お風呂のあとは岩盤浴へと向かいました。こちらも休日と比較すると驚くほど空いています。部屋は三部屋、そのうち一部屋は女性用です。クールルームもあります。各部屋につながっている部屋はテレビが付いていて、麦飯石の岩盤浴コーナーになっています。

岩塩の部屋は少し混んでいましたが、それ以外の部屋はとても空いていました。両方の部屋で岩盤浴を体験してみましたが、岩塩の部屋の方が私の場合は過ごしやすいように思えました。これは入った順番などにもよるのかもしれません。

そのあとは、「ひなたぼっこ」というテラスで休憩をしました。

ひなたぼっこ

ひなたぼっこから見た景色

この日は雨模様だったのですが、涼しい風もふいていて、とても気持ちが良かったです。

平日の「なめがわ温泉 花和楽の湯」はとても空いていて、のんびりすることが出来たので、とても良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました