富士山と山中湖を見渡せるパノラマ台を楽しむ

旅行

富士山と山中湖を見渡せるパノラマ台

藤野やまなみ温泉にいったあと、この日はとても天気が朝から良くて、雲一つありませんでしたので、富士山の方へといって見ることにしました。やまなみ温泉の前の道をまっすぐに行って、道志みちに出ました。

この日は日曜日でしたのでクルマが多いと覚悟していたのですが、意外と道志みちを走るクルマは少なかったです。後ろから煽られることもなく、のんびりと山中湖を目指すことができました。

富士山と山中湖を同時に見渡すことができるパノラマ台というところを以前、ガイドブックで見たことがあったので、そちらに行って見ることにしました。道志みちで平野の交差点まで行き、そこで左折、そして、すぐ隣の道を左折で小山方面になります。ここから3Kmほどでパノラマ台につきます。

私たちが着いたのは日曜日のお昼の12時ごろでした。本当は駐車場は広いようなのですが、雪が随所に集められていて、5台分ほどの駐車スペースしかありませんでした。しかし、すでに4台のクルマが停まっています。残った場所にラフェスタを停めました。


駐車場のほかはテーブルと椅子が置いてある休憩スペース、そして公衆トイレがあります。

パノラマ台の施設

そして、展望エリアから富士山の方を見てみると、とても綺麗に見えました。山中湖と富士山が同時に見渡すことができるのはとても贅沢だと思います。

パノラマ台からの眺め

パノラマ台からの富士山

パノラマ台の説明

こちらは山中湖の周辺案内図です。

山中湖周辺案内図

山中湖から三国峠へ至る県道の途中にあるビューポイント、山中湖パノラマ台、夕暮れ時には一面は真っ赤に染まり幻想的な時間を味わえるほか、秋には一面のススキ野原になるのでススキの中の散歩もお勧めと紹介されていました。また、季節を変えて訪れてみたい場所です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント