山中湖 花の都公園と清流の里を散策

旅行

山中湖の近くに花の都という公演があります。その名の通り、花をテーマにした公園で、今まで何回か訪問したことがあります。今回、ホテル マウント富士に予約をしてあったのですが、まだチェックインには時間の余裕があったので寄ってみました。10月最後の土曜日ということで、少し花のシーズンを外れているので、園内は空いていました。

花の都公園は道路に近い無料の花畑・農園エリアとその奥の有料のエリアがあります。今回はせっかくので有料エリアにも行ってみました。この時期は入園料は大人300円でした。駐車場も一回300円です。

こちらはフローラルドームふららになります。とても大きな温室です。

花と人間、花と自然をテーマにした全天候型温室です。こちらのコアドームでは一年を通じて色とりどりの花が咲き誇っています。

温室内には、ふららガーデンカフェがあります。

温室内で花を見ながらゆっくり休むことができる施設なのですが、残念ながら休業中でした。

二階に行くと展望台がありました。この日はとてもよく晴れていて、遠くの山もくっきりと見えます。

別の建物では菊の花が展示、販売されていました。

さらに奥の方へと歩いて行ってみました。木々が綺麗に色づいています。

まるで白糸の滝のような、明神の滝がありました。落差10メートル、幅80メートルにおよぶ雄大な滝です。

あ三連の水車、奥には富士山、その右に色づいた木です。

溶岩樹形地下観察体験ゾーンもあります。屋内にある階段で地下に進みます。

約1000年以上前の富士山の噴火により形成された溶岩樹形群です。

興味深い展示もあり面白い公園でした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント