三鷹市の杏苑(きょうえん)で水戸藩ラーメン

グルメ

20131110-173458.jpg

JR中央線の三鷹駅から南へ2kmほど離れたところにある杏苑というお店で、水戸藩ラーメンを食べました。東京で水戸藩ラーメンを食べられるお店はここだけだそうです。公共交通機関で行く場合は三鷹駅南口から小田急バスの深大寺行きに乗って約5分で着く大成高校前バス停で下車、そこから山中通りを東向きに歩いて5分ほどです。

このお店、よくテレビでも紹介されていて、ぶらり途中下車の旅などで見た覚えがあります。外から見た感じは普通の街の中華屋さんという感じでした。

20131110-173524.jpg

お店の外には水戸藩ラーメンを宣伝していました。

20131110-173615.jpg

水戸藩ラーメンは黄門様が初めて食べたと言われる日本で最初のラーメンとのことです。

20131110-175256.jpg

こちらがメニューになります。

20131110-175338.jpg

20131110-175411.jpg

セットメニューやカニ玉など、こちらも美味しそうです。

20131110-175447.jpg

20131110-175526.jpg

定食も充実していました。

20131110-175601.jpg

壁にもメニューがありました。酸辣湯麺です。

20131110-175654.jpg

麻婆豆腐定食も気になります。

20131110-175733.jpg

今回は、水戸藩ラーメンとスーラータンメンを頼みました。

10分ほどで出来上がりました。こちらが水戸藩ラーメンです。

20131110-175910.jpg

四種類(ニラ、生姜、ラッキョウ、ニンニク)の薬味が付いてきます。

20131110-175959.jpg

こちらがスーラータンメンです。

20131110-180038.jpg

スーラ-タンメンはとても具沢山でした。豚肉やキノコ、豆腐、そして野菜がたくさん入っています。スープは鶏と豚のガラをベースにして豆板醤、唐辛子、合わせ酢が加わっています。香味油として使っている自家製ラー油も風味の決め手になっています。

スーラ-タンメンも水戸藩ラーメンについても麺には蓮根が練り込まれています。麺ですくい上げてみると、どちらかと言えばラーメンと言うよりも蕎麦のようです。麺をたくさん食べても、胃にもたれるような感じがしないのは、この蓮根のおかげかもしれません。

今回紹介したのは、東京都の三鷹市にあるお店でしたが、調べてみると、水戸では大興飯店という中華料理屋で水戸藩ラーメンを食べることができるようです。JR水戸駅からバスで約20分、茨城大学下車すぐです。

三鷹市の杏苑(きょうえん)で水戸藩ラーメンの情報

住所〒181-0013
東京都三鷹市下連雀7丁目9−4
電話番号0422-45-1948
営業時間11時から14時30分
定休日火曜日、水曜日、年末年始
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント