三田製麺所で「つけ麺 大盛」を食べました

三田製麺所

 国分寺市の五日市街道沿いにある三田製麺所という、つけ麺専門店に寄ってみました。国分寺並木町店という名前のようです。

 ずっと昔は油そばのお店があったと思ったのですが、いつの間にか三田製麺所に変わってしまいました。五日市街道を走っているときに気になっていたのですが、今回始めて三田製麺所に入ってみました。

 時間は午後4時頃で少し夕ご飯には早い時間帯です。店内は半分ほどの席にお客さんが座っていました。

 メインのメニューをみると、表紙に堂々と、つけ麺のメニューがあります。つけ麺と辛つけ麺の二種類がありました。

つけ麺のメニュー

 今回は普通のつけ麺を注文しました。並み盛り、中盛り、大盛ともに700円です。並み盛りの麺の量は200gで大盛りは倍の400gと表示されていました。


 テーブルの上を見ると、ちょっと野菜50円!ねぎ飯150円、割り飯50円などが気になります。

ご飯ものメニュー

 メニューをさらにめくると、サービスセット、チャーハンを中心にしたサービス定食などがありました。

サービスセット

定食メニュー

 他に、灼熱中華そばというメニューもあります。辛さは一、二、三、極限の4段階から選ぶことができます。

灼熱中華そば

 今回は、つけ麺 大盛の冷や盛にしました。そして、10分ほど待っていると、つけ麺が運ばれてきました。

つけ麺 大盛

 まず驚いたのが麺の分量の多さです。大きな丼の中に、折りたたまれるようにして、タップリと入っています。麺は太めのストレートな麺でした。とても、コシがあり美味しい麺です。

麺のアップ

 そして、スープにも驚きました。とても、こってりとしていて、麺にどんどんまとわりついてきます。どうやって、これだけのこってりさを出しているのか、その製法が気になるところです。

スープのアップ

 最後のほうになると、麺につけるスープが足らなくなってしまいました。とても美味しい、つけ麺でした。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
グルメ
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント