松屋で豚しゃぶ鍋(並)と生野菜

グルメ

豚しゃぶ鍋(並)

ランチタイムに松屋の前を通りかかったので、そのまま入店しました。いつもであれば、ハッシュドビーフかトマチキでも注文するところですが、今回は自動券売機で目に飛び込んできた、豚しゃぶ鍋(並)の食券を買ってみました。値段は480円です。ついでに、100円の生野菜の食券も買いました。

100円の生野菜はあまり松屋としては売りたくないようで、目立たないところにボタンがあります。逆に150円のポテトサラダはとても目立つところにボタンがあります。生野菜は松屋にとっては原価率が悪いのかもしれません。

カウンター席に座り、食券を店員に出すと、すぐに生野菜がやってきました。

松屋の生野菜

ずっと、切られた状態で置かれていても、こんなにシャキシャキとしているのは、不思議な感じもします。

生野菜をムシャムシャと食べていると、豚しゃぶ鍋セットか到着しました。こちらになります。

豚しゃぶ鍋セット

なんだか、鍋がグツグツといっていて、暖か感が演出されていました。そんなにしっかりとした器ではないのに、なんでいつまでもグツグツといっているのかを探るために、容器の下を見たところで、理由が判明しました。

豚しゃぶ鍋

鍋の下には丸い蓄熱材?のようなものが敷かれていました。この発熱を通して、鍋がグツグツとしているようです。

肝心の豚しゃぶ鍋の味ですが、これがなかなか美味しいです。豚肉もタップリと入っていますし、ネギもいっぱい入っていました。

私自身はしゃぶしゃぶ専門店に行くと、豚しゃぶとネギを何回もお代わりして、豚ネギしゃぶを心ゆくまで楽しんでいます。そんな私にも十分に満足できる逸品でした。

味は塩味がベースですが、肉や野菜の旨味がよく出ています。また、アクセントとして黒胡椒がかけられていました。ご飯がよく進みます。

この内容で480円という価格はとてもリーズナブルだと思います。美味しいものが食べられて良かったです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント