不思議な国道16号の元橋本交差点

魚眼レンズ

16号線を町田方面から八王子方面に向かって走っていると、元橋本交差点というところがあります。そのまま真っ直ぐに行くと有料道路の八王子バイパスにつながり、そして、右に曲がると、16号線(東京環状)へとつながります。

ここの交差点、不思議な仕組みがあります。一番中央分離帯寄りの車線を走っていれば、そのまま右折車線に入って右折していけば良いのですが、問題は一番左側の車線を走っているときは、どうやって東京環状方面に曲がればよいでしょう。特に津久井湖方面から来た際には左側の車線しか走ることが出来ませんので、右折することは出来ません。

元橋本交差点


実は左方向に曲がっていく円状の道路があります。この道路を使って元橋本交差点に直角に交わる地点まで出て、そして16号線を横断していくような仕組みになっています。文章では表現しにくいので下の地図をご覧ください。


大きな地図で見る
 ループ状の道路があることが判ると思います。私は一番最初にここを通ったときはナビの案内に従って走っていたときなのですが、右に曲がろうと思っているのに何故ここで左に曲がれとナビが指示をだしているのか最初は理解できませんでした。地図の形状を見たときにやっと指示の内容を理解することが出来ました。

私はこんな形状になっている道路はこの元橋本交差点しか知りませんが、このほかにもこのような仕組みの道路は存在するのでしょうか。

コメント