大田区にあるヌーランドさがみ湯に行きました

シェアする

20130309-120533.jpg

雑誌についていたクーポン券を使って、東京都大田区の雑色にあるヌーランドさがみ湯というところへ行ってきました。環状八号線から少し道を入って行ったところにあります。電車で行くとすれば最寄り駅は京浜急行の雑色駅です。

駐車場は建物の下、地下一階にあります。フラッパーが全区画についていました。今回は全館利用の扱いになりますので、駐車場は6時間まで無料でした。

かなり細い道沿いに突如こちらの施設があります。以前は銭湯だったのかもしれません。クルマを停めたあとに、建物の中に入ってみました。下足いれは100円玉返却式になっています。そして、受付へと向かいました。受付の横には自動券売機がありました。

20130309-120804.jpg

こちらの標準的な全館利用プランだと、平日は大人1250円、土日祝日は1550円になります。お風呂、サウナの他、二階の休憩スペースなどを使うことができます。

また、入浴のみの銭湯としての利用では450円、タオルがセットになると600円、さらにサウナがセットになると800円です。

全館利用だと受付で館内着、タオル、髭剃り、歯ブラシが入った袋をもらいます。また、脱衣所のロッカーのキーもくれました。もう一つ、サウナ室に入るために必要なプラスチックの引っ掛け板?をくれます。これは他の銭湯でも見たことがあります。

ロビーにはちょっとした休憩スペースやマッサージ機が置いてありました。

20130309-121022.jpg

最初にお風呂へと行きました。脱衣所には銭湯として利用する人のための100円玉を使うコインロッカーと受付で鍵を貰った人が使うロッカーに分かれています。

お風呂の方は内風呂に温泉浴槽、各種ジェット風呂、サウナ、水風呂などがあります。露天風呂には温泉浴槽が一つあります。

サウナは10人ほどが入ることができるサイズで大きめです。また、テレビも設置されていました。こちらのサウナは銭湯としての利用では入ることができないので、そんなに混雑していません。ただ、特別に料金をはらってサウナを使っている人たちなので、何回も水風呂とサウナの間を往復している人が多かったです。

水風呂は2人しか入ることができない小さめのサイズです。水温は17度ほどで、他の水風呂と比較しても少し水温は低めだと思います。ただ、身体をキチッと冷やすことができますので、なかなか気持ちが良いです。冷水機は脱衣室にありました。

洗い場にはシャンプーなどが完備されています。銭湯としての利用でもお得だと思います。

露天風呂は非常口のような扉から外に出て、少し階段を降りた奥まったところにありました。周りが高い壁に囲まれているので、開放感はありませんが、涼しい風が吹き込んでくることで、露天風呂らしい雰囲気は味わうことができます。

温泉は真っ黒なお湯です。火山近くにあるような温泉とは異なって、昔の草木が地下水に溶け込んだことでできたミネラルが豊富な冷鉱泉です。大田区の他では目黒、江東区、横須賀、鎌倉などの東京湾岸に広がっています。

泉質は、「ナトリウム – 炭酸水素塩冷鉱泉 (低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)」です。

お風呂からあがったあとには、二階の休憩室に行きました。大きなテレビを中心にしてリクライニングチェアが置かれている部屋があります。こちらの部屋には全館利用のプランを選んで、かつ館内着を着ている人しか入場することができません。

20130309-121704.jpg

スターチャンネルの映画が放送されていました。

20130309-123306.jpg

まだ、時間が早いせいもあるかもしれませんが、こちらの休憩室はとても空いていて、ゆっくりとくつろぐことができました。

また、こちらの部屋で休みながら食事をとることもできます。リクライニングチェアの横にボタンがあるので、これを押すと係りの人が注文を取りにきてくれます。

こちらの施設、銭湯がわりに使ってもお得ですし、また全館利用でもゆっくりとくつろげたので良かったと思います。

周辺の地図を掲載しておきます。

大きな地図で見る

(20130311追記)

こちらの施設を家族が気に入ったので、またクーポン券が付いている春Walker関東を購入しておきました。利用期限に余裕があるので、少し時間を置いてから、また行きたいと思います。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


大田区にあるヌーランドさがみ湯に行きました の情報

2013年06月21日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク