狛江の多摩川五本松から水害の碑付近の散策

旅行

多摩川沿いの遊歩道

調布市の染地から狛江にかけて多摩川沿いの遊歩道を歩いてみました。クルマは染地にある三井のリパークに停めました。昼間の駐車料金は30分100円と、かなり安めの設定になっています。

駐車場の料金

朝9時頃でしたが、駐車場はとても空いていました。

駐車場

川の向こうには富士山が見えました。

遠くに見える富士山

調布市の染地から多摩川を下る

遊歩道が多摩川沿いに続きます。自転車がかなりのスピードで通過していくので注意が必要です。

続く遊歩道

マンションと富士山

ロケ地にもなった五本松

少し歩いたところが多摩川五本松です。日活や東宝の撮影所が近いこともあり、こちらではドラマなどのロケがよく行われているようです。

五本松

五本松

多摩川五本松

多摩川五本松

多摩水道橋

多摩川五本松のすぐ先には多摩水道橋があります。

多摩川水道橋

古い多摩水道橋は1953年に道路と水道管の併用橋として開通しました。それまでは、登戸の渡しがあったそうです。その後、1997年に1期工事、2001年に2期工事が竣工、完成し現在の上下4車線の橋が開通しました。

たまリバー50Kmの地図

たまリバー50Kmの地図

青空と富士山

初代多摩水道橋の碑

多摩水道橋の下流側には貸しボート屋、そして小田急線の橋梁があります。

貸しボートと小田急線の橋

ちょうど、ロマンスカーが走っていました。

小田急ロマンスカー

小田急線の高架下には狛江市の水防倉庫がありました。

狛江市水防倉庫

小田急線の橋と富士山

堤防決壊の被害地

こちらは1974年9月に台風16号により堤防が決壊したことにより狛江市の民家19戸が流出した場所付近です。

堤防の決壊場所

続く遊歩道

決壊した堤防の跡(狛江市猪方四丁目)には、「多摩川決壊碑」が建てられています。

多摩川決壊の碑

多摩川決壊の説明

当時の写真

こちらは水害後に作られた「二ヶ領宿河原堰」です。

堰

堰

堰

堰付近から見た小田急線

【2019/10/19追記】

台風の影響で多摩川が越水

台風19号の影響により、多摩川の水が堤防から溢れたり、多摩川に流れ込む川や汚水などが流れ込むことが出来ず、二子玉川や高津区、、狛江などで浸水する被害がありました。自然の脅威に立ち向かっていくことは非常に難しいです。

【2020/06/30追記】

岸辺のアルバム

BSプレミアムで、「多摩川水害と岸辺のアルバム」と題した「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」が放送されました。多摩川水害は1974年9月、台風16号による豪雨で堤防が決壊し住宅19棟が流出したものですが、このときに家を流された人がどんな人生を送ったか、そして岸辺のアルバムの紹介、多摩川水害訴訟で苦闘する弁護士の物語と続きました。1992年に住民側の全面勝訴となりました。水害の原因となった宿河原堰も改良されたものが完成しています。

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント